日銀展望レポートは為替相場にどう影響するか

日銀展望レポートは為替相場にどう影響するか

 

■インフレ率を下方修正した日銀

下記のデータを見て頂くと分かる通り、日本銀行はインフレ率の見通しを下方修正しました。あまり強気ではないようです。確かに年を追うごとにインフレ率は上昇していく見通し(+0.8%⇒+1.4%⇒+2.3%)です。日銀の基本的見解を読むと、「2%到達は2019年度を見込む」っという主旨になっていました。ただし2019年は消費税増税(単純に1.851%物価が上がる)がインフレ率に関与しますし、景況感へ悪影響があるでしょう。インフレ率は思ったほど強まらず、出口戦略(恐らくはテーパリングが最初と思われる)は遅延すると思われます。そのように解釈できる内容でした。

2017年
実質GDP  +1.7%~+2.0%(中央値+1.9%)上方修正
 前回 +1.5%~+1.8%(+1.8%)
CPI除く生鮮 +0.7%~+1.0%(+0.8%)下方修正
 前回 +0.5%~+1.3%(+1.1%)

2018年
実質GDP +1.2%~+1.4%(+1.4%)
 前回 +1.1%~+1.5%(+1.4%)
CPI除く生鮮+1.1%~+1.6%(+1.4%)下方修正
 前回 +0.8%~+1.6%(+1.5%)

2019年
実質GDP  +0.7%~+0.8%(中央値+0.7%)
 前回 +0.7%~+0.8%(+0.7%)
CPI除く生鮮  +2.0%~+2.5%(+2.3%)
 前回 +1.4%~+2.5%(+2.3%)
消費税引き上げ除くCPI除く生鮮 1.5%~+2.0%(+1.8%)
 前回 +0.9%~+2.0%(+1.8%)

 

■インフレ率の下方修正は円相場にどう影響するか?

インフレ率の為替への影響は、原則として「インフレ率の下落(鈍化)は、通貨の下落へ向かう」となります。金利差理論のまま考えると、円安へのバイアスを強めます。特に利上げを進める米国との金利差は広がる可能性があり、日本で増税、米国で減税となればさらに広がるでしょう。長期目線ではドルが強いのは当然です。しかし、もう1つ短期(数週間)に目を向けると違う見解が出ると思います。

短期的には、「日本の景気は思ったより悪い」という考えが芽生えます。一般論として「好景気=インフレ上昇」という図式が成り立つ為です。ここに消費税増税の意識が加われば、インフレ鈍化がリスク回避の材料となるでしょう。その影響を考えておく必要があるのです。そもそも、インフレとは”上がりするから、急いで買わなければ…”という恐怖感が引き起こします。今でいれば、ビットコインがそうでしょう。あれが急騰(暴騰ですね)している理由は、”上がるから買う・買うから上がる・だから急いで買わねば”が基礎にあります。その心理に陰りが見えれば、壁のような下落(パニック相場)になります。

従って、短期と長期の2つの視点からインフレ率を考えなければなりません。1つの現象から2つ以上の相場を生み出すことが想定されるケースだからです。

 

■ドル/円を考える時、インフレ差と長期金利差を観察する

特にドル/円の話として進めますが、通貨ペアを考える時にはインフレ率の格差と長期金利の格差を考えなければなりません。現在、日本銀行は長期金利を制御しています。それを維持すると今日の発表でもありました。すると、長期金利は米国だけを、インフレ率は両国を観察し格差を観察しておかなければなりません。日本の消費者物価指数(除く生鮮)と米国のPCEコアデフレータを比較しておく必要があります。現在、両方とも米国の方が強いデータになっているのですが、その差が拡大するのか?縮小するのか?で為替相場に大きな変化が起きます。

今回の日銀発表は、拡大する可能性を示したものと理解できます。あくまで見通しとしてではありますが。ただし、米国でもインフレ率が伸びず苦しんでいる様子が見えます。もし、日本のインフレ率がジリジリ伸びて米国が据え置き程度だった場合、格差の縮小による円高相場となるでしょう。こうなる確率が一定量ある為、ドル/円が一方的に上昇しにくい構図になっています。

もし、ロシアゲートでトランプ政権が混乱し、減税法案の見通しが立たなくなるとします。すると、インフレ期待は鈍化し格差の縮小が起きるかも知れないのです。つまり、ロシアゲート問題もインフレの影響を持っているとなります。FRB議長に誰が成るかも同様に考える必要があるでしょう。

 

12月13日にFOMCは利上げをする確率は「80%」と予想

 2月10日、イエレン米FRB議長が、下院金融委員会で半期に一度の証言を行った。写真はワシントンで同日撮影(2016年 ロイター/Gary Cameron)


2017年10月現在、FRBの政策金利であるフェデラル(FF)金利は1.00-1.25%に設定されています。米国のファンダメンタルは絶好調といって良く、その低すぎる政策金利を12月18日のFOMCで引き上げるかが2017年終盤の注目点となっています。ご存じの通り、FRBはデュアルマンデート(二つの責務)と呼ばれる金融政策を展開しています。1つは「インフレターゲット」で、もう1つは「雇用の(質量)安定」を指します。FRBの見通しが満たされれば、12月に利上げを実施するでしょう。

ちなみに、インフレターゲットはPCEコアデフレータを+2.0%(前年比)へ持っていく事で、雇用の安定は「完全雇用と雇用のスラック解消」を指します。スラッグ解消とは、「働いているものの納得した仕事についていない」事で、本当はもっと高度な仕事に就きたかった人が就職難のためにパートタイマーなどで働きしまうなど生産性を落としてしまうスラック(雇用の緩み)を引き締めたい意図があるようです。9月以降の主要な要人発言、声明等を見てみましょう。ここからは、10/11FOMC議事録、9/27イエレン議長講演、9/20FOMC声明&イエレン議長会見をベースに考えていきます。

 

◎FOMC議事録要旨 10/11 (9/20のもの)

ほとんどのメンバーは追加利上げはインフレが上昇する確信が持てる今後のデータ次第と指摘
年内の再利上げは正当化されると多くの当局者が判断

低インフレは一時的な要因のみではないと多くが懸念
「インフレ判断に際し、一定の忍耐強さが正当化される」

労働市場が強まり、賃金が加速すると大半が予測
「複数のメンバーはハリケーンは第三四半期のGDPに影響を与えるが年末までには持ち直すと指摘」
インフレが上昇するまで利上げを見送るべきだと数人が指摘

「今後数回のインフレ指標、悪天候の影響を受ける」
「2%を下回るインフレ基調を幾人かが懸念」
労働市場逼迫でインフレに上振れリスクと数人が指摘

「金融状況は安定へのリスクと当局者2人が指摘」

 

10月に発表も、9月の段階で12月利上げは意識されていることが分かります。そのうえで低インフレは一時的な要因のみではないと多くが懸念と疑問を取り上げました。議事録発表後にドル売りになった理由です。12月利上げは行いつつも、2018年以降の利上げペースは上がらない見込みとなってきました。これは年末にかけてドルが買われにくい要因として、作用しそうです。もしも2018年の利上げ見込みが3回未満になれば、ドルはかなりの調整を迫られるでしょう。(この可能性は結構高めです)

ハリケーンに関しては、ファンダメンタルに悪影響ではあるものの、その後の復興景気が望めます。自動車は壊れた分だけ売れますし、家も流された分だけ建てられるでしょう。ガソリンや物資へのインフレ効果も経済指標には良い方向へ反映されるはずです。

FRBでは、インフレ上昇まで利上げを見送るハト派と、インフレが強まりバブル化するのを事前に防ぎたいタカ派との意見が割れている点が特徴的です。

 

◎ジャネット・イエレンFRB議長(講演) 9/27

長期にわたる低インフレは金融緩和を必要とする可能性がある
緩和政策の長期化は金融の安定を損ないかねない
「時間をかけた小幅利上げなければ、景気過熱のリスク」
「FOMCは、緩和策で緩やかすぎる解消に注意すべき」
「インフレ2%達成まで政策を据え置くことは賢明ではない」

FOMCはインフレが2%前後で安定するとなお予想する
「FRBは新たな指標により正当化されれば、見通しを修正すべき」
「時間をかけた段階的な利上げがなければ、景気過熱のリスクがある」

「インフレが抑制されており、段階的なアプローチが適切」
「低インフレに影響した要因は消滅する」
「インフレ、向こう数カ月で幾分か上昇する見通し」「インフレ、オーバーシュートのリスクもある」
「見通し判断するうえで、様々なデータを検証している」

2017年の低インフレは、不可解」、「インフレは今後数か月内にいくらか上昇へ
「現段階でインフレ目標の変更は考えていない」
「利上げの軌道が予測可能であるかどうか確信はない」

「中立金利になるまで過剰な引き締めは必要としない」

27日の講演でイエレン議長は「2017年の低インフレは、不可解(謎)」と述べました。そのうえで利上げを肯定してもいます。他の副議長、連銀総裁発言を聞いていても12月利上げは基本的に実行するようですが、エバンス シカゴ連銀総裁やカプラン・ダラス連銀総裁、ブラード・セントルイス連銀総裁あたりのハト派総裁は反対の意向を示しています。

FOMC声明 9/20
・バランスシートは10月に縮小開始 (まずは月100億㌦<国債60億㌦、MBS40億㌦>を毎月売却)
・ハリケーンは中期的な経済コースを変える可能性低い。
・労働市場は力強い。
・景気は緩やかに上昇。
・インフレは今年鈍化した。
・市場ベースのインフレは低水準。
・エネルギー高が短期的にインフレを押し上げる可能性。
・短期的にはハリケーンの影響が出る。

 

ジャネット・イエレンFRB議長(FOMC後の会見) 9/20

緩和的な政策が雇用市場を一段と支援するだろう
「バランスシート縮小、段階的かつ予測可能に進行へ」

「雇用者数、9月の数値に影響が出る可能性も」 (実際、NFPがマイナスに転じた)
インフレは2%目標をしばらく下回る
「企業の設備投資は加速」

今後数年、経済は緩やかに拡大を続ける
「Q3のGDPはハリケーンの影響で成長が弱まると予想」
「緩やかな利上げ依然正当化される」
「バランスシートは、緩やかに、予想可能なペースで縮小へ」
「我々はインフレが2%前後まで上昇し、安定すると予想」
「インフレが2%以下で推移していることは懸念だ」
「今年の低インフレは謎、低インフレのほとんどが循環的な項目に関係していない」

「長期にわたるインフレは金融政策に影響へ」
もし、インフレの目標を下回る水準が長引けば、政策を調整へ。インフレを綿密に監視」
「景気を過熱させないよう注意する必要がある」
「景気回復は力強い軌道にある」「経済が悪化したら、行動する準備がある」

「低インフレの要因が一時的なものかどうかを判断する必要がある」
「FRB議長の任期を全うするつもりだ」
「金融危機後の中核となる金融規制を維持する必要がある」

「財政パッケージが生産性を引き上げることが望ましい」
「議会が債務の持続可能性に留意し続けるよう期待」

 

これらを踏まえれれば、12月の利上げは正当化されています。利上げの確率は10月中旬の段階で80%でしょう。新たな材料により、確率が変動して参ります。このまま推移するなら、感謝祭ころより、もう1回利上げ基調でドル買いが起きそうです。また、11月・12月のFOMCでは2018年の利上げ見通しも材料化するでしょう。(3回未満の利上げ見通しなら、ドルは暴落するでしょう)

さらに、北朝鮮との地政学リスク、12月にやってくる債務上限問題、イエレン議長の後任問題、あと2回発表されるPCEコアデフレータの結果など不確実な要素を抱えています。主にこれらが確率を変動していくでしょう。特にFRB議長が代わるとなれば、これまでの見通しがご破算になり、不透明感から混乱する場合もあります。過去に議長交代のときに景気が混乱したことが複数あります。

 

Tags, , , , , , , , ,

9月FOMC もしかすると仰天サプライズが準備されている可能性あり!

イエレン議長会見があるFOMC(個人的には重FOMCと呼んでます)は、注目点が5つあります。

  1. 政策金利、金融政策の変更
  2. FOMC声明文
  3. FRBによる経済予測(GDP予測、インフレ予測、金利ドットチャート)
  4. イエレン議長会見
  5. 会見後の質疑応答

 

今回の重FOMCでは論点が2つあります。1つは「バランスシート縮小を確実に実行に移すか」、もう1つ「12月に利上げする可能性」であります。もし、バランシート縮小実行を延期した場合はドルが急落するでしょう。かなりドル買いで織り込まれていて、失望売りに晒される為です。予想通りの内容で実行したら、ややドル買いがあるでしょうが利益確定に晒されこの場合もあまりドル高にはなりません。

12月利上げの有無が相場を一喜一憂させる

本当の論点はすでに「12月に利上げする可能性」へと移っています。それゆえ、この点への言及が最も相場を動かすでしょう。まずはFOMC声明文です。ここで利上げの可能性を明示すること、インフレの強さが強調されることなどあれば、利上げ安心感が広がります。逆に利上げから遠のく示唆をすればドルは暴落するでしょう。インフレ率への言及はとても重要になります!また、マーケットへ新たな材料を提供しないという結果もあり得ます。

  1. 12月利上げへ積極的な示唆がある
  2. 12月利上げへ消極的な示唆がある
  3. 新しい材料を与えない肩すかしをする

実は、イエレンFRBが3つ目の選択肢を採ることは多いです。今回も盛り上げておいて、はしごを外す可能性も考えておかなければなりません。この場合失望感が大きくドルはポジション調整の対象になるでしょう。つまり売られます。また、同時にFRB経済予測がでてきます。ここでインフレ予測が上方修正されるのであれば、利上げへのメッセージとして受け止められドル買いが起こるでしょう。いずれにせよ、12月利上げあるのか?という問いにどういう答えを返すかで、ドルは方向を変えます。

今回、仰天サプライズが用意されている可能性あり!

イエレン議長は今回を含めて、残り任期でFOMCがあと3回(9月も含め)あります。日程によっては来年もう1回(2月の任期切れ直前で何もできないだろうが)あるかも知れませんが。すると、成果を残すならここらで動く必要があります。イエレン議長が続投か退任かは分かりませんが、積極策をとりやすい動機はあります。

そして、もう1つ。サプライズの存在を考慮しなければなりません。それは、『イエレン議長が退任宣言をする』場合です。つまり次期を務めないと宣言する訳で、次期FRB議長レースが相場の論点に浮上します。利上げを進める印象が強まりつつあるイエレン議長が退任すれば、ドルは暴落するでしょう。選ばれるFRB議長についてトランプ大統領は、金利を低く抑える人物を選ぶでしょうから、金利見通しは下がります。時に人事は最も強烈な相場変動要因になるのであります

そうでなくとも、秋冬には選任作業が進むわけで人事がドル相場を右往左往させます。イエレン議長と割とうまくやっていたスタンレー・フィッシャーFRB副総裁は既に退任(正確には辞任です)を発表しています。突如、発言されたら相場は大混乱になるでしょう。心の準備はしておくべきだと思います。

【投資知】 「2段ロケット」投資戦略論

 

生涯を通じて投資を考える際、どういった戦略を持ってトレードに臨むべきでしょうかただ、目の前のトレードに勝つだけ、財布が富むだけしか考えないと、将来どうなるでしょうか?現在の年齢・社会立場・家庭・資産状況など踏まえ、将来の資産構築を考えるとき、どういう方針を持てば良いでしょうか?

トレードの枠組みより大きく人生レベルで考える投資理論です。資産構築の目的から逆算する必要があります!

 

自分の老後は誰も守ってくれない!

生産人口と老年人口が接近するため、負担は厳しくなる!

 

もう誰もが気づいている通り、年金により老後を守られているのは現在受給している人々までです。年金は今後減らされて、それさえ受け取れるかも不透明です。貰えない確率が高いのに、それに頼った人生プランを送るのは如何なものでしょうか?現役のサラリーマンは、給料水準が昔より低く、人口減・財政難で更に税負担も大きくなるでしょうから親を世話するほど余力を持たない家庭が多くなると予想されます。今より悪くなると見通すのが妥当と言えます。(生産年齢人口の減少問題)

誰も守ってくれない可能性が強まる中で、自分がどういう風に振る舞えばよいのか?それをよく考え、今から着実に行動を起こす必要がありそうです。周りが何もしていないから、自分も大丈夫。「ゆでガエル」のように、あとで後悔するだけになってしまいます。

さあ、今すぐに備えを持ちましょう!

2段ロケット投資戦略論

ほとんどのサラリーマンは、退職後のプランを持たないで年金頼み!

若いうちから、投資の仕組みを学ぶ事で生涯にわたって収入を持てる!

 

私は、何度かBLOG等で書いたことがありますが、老後の人生のために会社員としてのスキル(能力)とは別にもう1つ別のスキルを準備しておく必要があると考えます。これを準備しないで退職を迎えると、退職金でコンビニ経営等(素人なのに)で勝負することになり、すべてを失う可能性があります。豊かに老後を過ごすことが出来なくなるでしょう。退職金が無ければ、もっと悲惨な老後が待っています。

そのため、必要となるのが投資の知識です。投資の知識は現役時代からでも準備が行え、生涯にわたって稼ぐ事ができます。投資に熟練すれば、ポジションを持ったまま、旅行へ行きながらでも稼ぐ事ができます。ネットが普及した今日では、どこでも取引できるからです。ここから得られるメリットは極めて大きく、悠々とした隠居生活を手に入れる事ができます。年金を減らされ、働かねば生きていけない老後なんて嫌ですよね?

そのためには30代・40代。遅くとも50代には投資へ取り組み、10年以上を投じて投資生活に備えなければなりません。収入が途絶えてからでは、焦りが出てしまうので良い投資家になれないのです!人生を会社に捧げるのではなく、2段ロケットの1段目と考える。すでに国や会社から老後の保証を得られなくなった私たちが取るべき方法だと思います。

ただし、1つ良い事があります。上記図にもある通り投資適齢期とは30代に入ってから訪れる点です。この頃になると、人間に落ち着きが出始めますから、投資に必要な慎重さが芽生えます。よく若いのにウン千万円稼いだなどというトレーダーを見るでしょう。しかし、ほとんど全てが消え失せます。私は2007年後頃からBLOGを書き始めました。その頃に大騒ぎしていた若年トレーダーは大勢いました。今でも何らかの形で相場界に残っている人は僅かです。勝負は年齢を稼いでから!30歳を超えてから熟してくるものです

老後にデイトレーダーをやるつもりか?

投資をやるべき。ここまでの考えは既に意識されている方も多いはずです。しかし問題は、よい年になってもデイトレード・スキャルピングをやるつもりか?なのです。若いうちはキリキリ舞いするトレードも良いでしょう。負けても立ち直りが利きますから。しかし、将来を安定させるための資金を望むのにギャンブル的な投資は矛盾点があります。キャピタルゲイン≒トレード損益)によって利益を生もうとする考え方が誤りなのです。

従って、将来を想定すればインカムゲイン(利回り収入、利息収入)や長期投資といった腰を据えて資産を増やすような投資姿勢が求めらえれるはずです。よくアパート経営や株式投資で配当重視の投資をおこなう方が多いのもこの為です。こうした投資をFXで実行することが出来ます。長期でポジションを持ちスワップ収入を確保し、さらに1円単位で利益を抜くトレードをおこなう事で、大きな収入へ結びつけることが出来ます。

これらを実現するためには、長期相場を理解できるようにならなければなりません。その為に、ファンダメンタル(経済要因)の理解が必須になります。その知識を早いうちから積み立てていく事が、2段ロケット人生を完成させるポイントになるでしょう。積み立てが必要なのは何もお金だけではありません!もう1度書きますが、年を取った時にデイトレードのノウハウしか持っていないと、勝てなくなります。なぜなら、スピード感に付いて行けなくのが1つ。もう1つはAI取引(アルゴリズム)が普及するとデイトレードは通用しなくなるでしょう。怒らく数年後にはセコンドトレード(秒取引)なる言葉も出来ると思います。

第2段ブースターを用意するのは必須!

どのような方法論を用いるにせよ、2段目の人生プランを用意するのは必要になっていくと思われます。従って、より早いうちから取り組みをしていく事が物事を優位に進めるポイントです。有利な投資を実現するために、早いうちから自己投資を進めることがとても重要になります。BLOG等を通じて、ファンダメンタル投資の重要性を解いているのは、人生を逆算して考えてのものなのです。

もう1点加えますが、投資で成功した人々を俯瞰すると、総じてファンダメンタルに関する知識が深い人々ばかり成功している事実があります。バフェット氏のような投資家もそうですが、孫正義氏やビルゲイツ氏のような事業家も同じ傾向にあります。よく調べてみると良いと思います。

 

 【無料版】こちらより案内しています

ファンダメンタル投資を学ぶために作った【ゼロからファンダメンタル投資】をぜひお読みください。本書は12,000円します。しかし、2段ロケットを構築する基礎をみっちり学ぶ事ができます。さらに、本書の冒頭部分を無料でお読みいただけます。どのようなものか事前に知りたいでしょうから、先にこちらをお読みください。

長期の視点を養った投資力を身につけたい方に読んでいただければと思っています。