Tag Archive FX

8月16日(水曜) 本日の相場見通し~極めて強かった小売売上高によりドルは修正局面へ

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
大変強かった小売売上高、北朝鮮リスク後退などによりドル/円は火を噴きました(1円上昇)。一昨日にダドリーNY連銀総裁が述べた内容を裏づけ、FRBの金融政策を後押ししたと判断されたためです。ドル/円はまだ上がる余地が残っていると考えられます。あと2円くらい買われると私は考えています。昨夜カプラン・ダラス連銀総裁も「FRBはすぐにバランスシートの縮小を開始するべき」と述べています。「すぐに」とは9月FOMCを指しているのでしょう。

今日、最も注目はFOMC議事録です!当日声明では「バランスシート縮小は比較的近い時期に開始」「インフレ率弱いが雇用は強い」とありました。もっと具体的、新しい発言があれば相場になるでしょう。9月実施の確実性が増すたびにドルは底上げされるので、その確認ができます。ユーロ圏も良いデータになれば出口戦略が前進する思惑からユーロが買われるので注目です!北朝鮮リスクは減衰しつつありますが、いつ再着火するか分かりません。ロシアゲート問題とともに常に警戒です。

<国内>
特になし

<海外>
○17:30  7月英失業率、失業保険申請件数(予想なし)
○17:30  4-6月英失業率(ILO方式、予想:4.5%)
○18:00  4-6月期ユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.6%/前年比2.1%)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○20:00  6月南アフリカ小売売上高(予想:前年同月比2.3%)
○21:30  6月対カナダ証券投資
○21:30  7月米住宅着工件数(予想:122万件、前月比0.4%)
          建設許可件数(予想:125万件、前月比▲2.0%)
○23:30  EIA週間在庫統計
○17日03:00  米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25-26日分)
○北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第1回会合(ワシントン、20日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。

Tags, , , , , , , , ,

8月8日(火曜) 今日の相場見通し~夏季休暇でマーケット参加者が減少中

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は日本・中国・ドイツから発表される貿易収支が注目されます。夜にはOPEC専門家会合の結果が出てくるため原油市場に動きが出そうです。材料が多くはない事に加えて、サマーバケーションに入った欧米投資家も多く、昨日もそうでしたが静かな相場になっています。日本も間もなくお盆休みとなり実質6日ほどの長期休暇入りします。ファンダメンタル分析の1つに「祭日スケジュール」があり、お盆&欧米サマーバケーションの時期は祭日スケジュールでも重要な位置づけです。これを終えると次は11月米感謝祭、12月Xmasとなります。いずれにせよ、今は流動性が低い時期であります。

流動性が低いことは値動きを小さくする効果がありますが、逆に値を軽くする効果もあります。小さな取引量でレートが変わること、投機筋の比率が高まることが主な理由と考えられます。

<国内>
○08:50  6月国際収支速報
                経常収支(予想:8605億円の黒字)
        貿易収支(予想:5715億円の黒字)
○14:00  7月景気ウオッチャー調査(現状判断指数、予想:50.2)

<海外>
○08:01  7月英小売連合(BRC)小売売上高調査(予想:前年同月比0.9%)
○10:30  7月豪NAB企業景況感指数
○未定   7月中国貿易収支(予想:2935億5000万元の黒字、450億ドルの黒字)
○14:45  7月スイス失業率(季節調整前、予想:3.0%)
○15:00  6月独貿易収支(予想:230億ユーロの黒字)
○15:00  6月独経常収支(予想:245億ユーロの黒字)
○15:45  6月仏貿易収支(予想:50億5000万ユーロの赤字)
○15:45  6月仏経常収支
○15:45  6月仏財政収支
○9日02:00  米財務省、3年債(240億ドル)入札
○南アフリカ議会で大統領不信任投票
石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要参加国が専門家会合(アブダビ、最終日)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , ,

8月7日(月曜) 今日の相場見通し~材料難とポジション調整と…

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は材料が少ない月曜日です。先週の雇用統計を織り込む動きもあり、いったんポジションを利食いする動きもある。全体の動きが一致しにくい相場観になりそうです。ファンダメンタル情報も重要なものは少なく、米要人発言、OPEC専門家会合、米企業決算が注目されるくらいです。米決算は消費系企業が多く、米国のファンダメンタルを測定できるでしょう。株価・原油の値動きに影響されやすくなります。

<国内>
○08:50  7月外貨準備高
○14:00  6月景気動向指数速報値(予想:先行106.2/一致117.2)

<海外>
○15:00  6月独鉱工業生産(予想:前月比0.2%)
○16:15  7月スイス消費者物価指数(CPI、予想:前月比▲0.3%)
○23:45  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
○8日02:25  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
○8日04:00  6月米消費者信用残高(予想:155億ドル)
石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要参加国が専門家会合(アブダビ、8日まで)
カナダ(市民の日)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

〔米決算〕※数字は1株当たりの利益予測
マリオット(1.020)
CBS(0.955)
タイソン・フーズ(1.188)

Tags, , , , , , , , ,

8月2日(水曜) 本日の相場見通し~雇用統計(金曜)を意識しつつの相場観

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
マーケットの関心は金曜の雇用統計に移り、それを踏まえての相場になります。今日はその前座となるADP雇用者数がでますのでドルは乱高下が予想されます。米国からは原油在庫統計(EIA)もでます。要人発言も有ります。とはいえ、相場をひっくり返すようなファンダメンタル情報がある訳でもありません。こういう日は、株式市場・原油市場・長期金利などの動きに為替相場が影響を強く受けます。明日はBOE政策金利があるので、ポンド動向には注意が必要です。BOEがタカ派に動くかハト派的になるのか、ちょっと読みにくいためです。

昨日、米国ではISM製造業景気指数&PCEコアデフレータが出ました。データはまずまず良好で推移したためドルは堅実な動きをしそうです。利上げを後押ししたとマーケットは考えるからです。一方でNZドルは軟調でしょう。昨晩のGDT物価指数は-1.6%と鈍化し、先月の消費者物価指数(CPI)も冴えないデータだったためです。初夏のころの勢いはありません。全般を見渡すとドルとユーロがた通貨と比べて相対的に強い状況となっています。

<国内>
○08:50  7月マネタリーベース
○10:30  布野幸利日銀審議委員、あいさつ
○14:00  7月消費動向調査(消費者態度指数 一般世帯、予想:43.5)

<海外>
○07:45  4-6月期ニュージーランド(NZ)失業率(予想:4.8%)
○10:30  6月豪住宅建設許可件数(予想:前月比1.0%)
○14:45  7月スイスSECO消費者信頼感指数(予想:▲3)
○16:15  6月スイス小売売上高
○16:30  7月スイスSVME購買部協会景気指数(予想:58.8)
○17:30  7月英建設業購買担当者景気指数(PMI、予想:54.0)
○18:00  6月ユーロ圏卸売物価指数(PPI、予想:前月比▲0.1%/前年比2.5%)
○18:00  インド中銀、金融政策決定会合(予想:6.00%に引き下げ)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○21:15  7月ADP全米雇用報告(予想:19万人)
○23:30  EIA週間在庫統計
○24:00  メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
○3日04:30  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
○英中銀金融政策委員会(MPC、3日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , ,