Tag Archive 1月

2017年のFOMCは、いつ利上げをするのか?

 

FRBが2015年12月、2016年12月と2回の利上げを行いました。2017年は、3回ほどの利上げが想定されています。利上げがあるとすれば、それはいつでしょうか?それは日程を調べることでも、ある程度の予想を立てることが出来ます。逆算的にドル相場へアプローチできるようになるでしょう。目の前の出来事に追われるのでなく、俯瞰的に相場を考える必要性があります 

 

下記図は2017年のFOMC日程表です。原則6週間間隔で開催され、途中にFOMC議事録やベージュブックが発表される流れとなります。実はFOMCには二種類あり、イエレンFRB議長会見&FRB経済見通しが発表される回とされない回があるのをご存じでしょうか?下記図はオレンジ枠になっている日程が会見のある回であります。過去にFOMCが重要な変更を行ったのは、すべて会見のある回でした。私は会見付FOMCを便宜上【重FOMC】と呼ばせて頂いています。本稿でも以後重FOMCと呼びます。

 

■ 重FOMCと利上げ予測

 

FOMCで利上げが行われる場合、FOMCから逆算して数週間前からドルが上昇を始めます。利上げは無鉄砲に行われるものではありません。経済データを踏まえて変化するものですし、経済が良くなればイエレンFRB議長を始め、FRB要人が利上げの必要性を示唆します。すると、思惑が立つためドルは先行して上昇を始めます。しかも、毎回のように数円単位で動きます。

しかも先ほども述べた通り、利上げなど重要決定は重FOMCで行われる慣習があります(必ずそうするとは限らないとFRBは言っています)。さらに、FRBは2017年に3回ほどの利上げが妥当と2016年末に示唆している為、『4回の重FOMCで、うち3回は利上げがあるだろう』と言う推論が成立する訳です。これだけわかれば、FXで十分に勝てる条件が整う訳ですから、基本的にチャート分析などいらないとなります。必要なのは利上げの予測を正しく、出来るだけ素早く判断できる方法論でしょう。これを理解すれば、割と簡単に1円以上の利益を抜くことが出来るようになれます。
FRBが利上げする条件は?」で説明させて頂いた、利上げの条件をもう一度確認してい見てください。すると、予測の精度は上がっていきます。経済指標の読み方、要人発言の聞き取り方などを理解すれば、さらに上がるでしょう。

 

■ 仮に3回の利上げがあるとすれば、いつになるか?

 

経済状況が現在想定されているまま推移したとしますと、利上げは3月・9月・12月6月・9月・12月のパターンが最有力です。当面は3月の利上げの蓋然性が差し当たって重要となります(1月下旬時点において)。これに、今後の経済や政治などファンダメンタル情報がどう影響してくるか?と言う問題になるでしょう。考えなければならないのは、利上げが3回あるのは絶対ではない!という事です。2015年12月中旬、イエレンFRB議長は『2016年に4回程度の利上げが必要』と述べ、ドルが急騰しました。しかし、実際は1回のみ。2016年1月の中国株暴落、6月の英EU離脱選挙、11月の米大統領選挙等々の押しとどめる要因があったためです。従って、この通りにはいかないシナリオも描いておく必要があり、それはそれで利益享受の機会になります。

米国の経済指標などファンダメンタル情報を読む限り、年3回の利上げは正当化されるでしょう。トランプ政権に行方など含めて今後のファンダメンタルがどう変化するかにより、見通しも変化していきますが、見通しを立てることができれば、日程を見るだけでどの時点でポジションを取れば良いのか?これが分かります!時間を取って、FOMCが利上げをしたとき、ドルはいつの時点から買われてはじめているのか。これを調べておくと良いでしょう。

【関連記事】
〔link〕FRBが利上げする条件は?
〔link〕2017年のFOMCは、いつ利上げをするのか?
〔link〕2017年 FOMCボードメンバーの顔触れ

Tags, , , , , , , , , , ,

1月31日(火曜) 今日の為替相場~リスク回避的だが、長期投資家の動きが鈍いことも意識すべき

【お知らせ】
1月24日より、ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1)をローンチカスタマー(早割)致します。一気に投資スキルが伸びるよう配慮してあります。宜しかったら、下記linkを覗いてください。ローンチカスタマーは2月13日まで。

ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1

参考チャート
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

トピックス
・上記で原油相場&長期金利&為替相場のチャート確認できるようにしました。
・トランプ大統領の諸政策が相場へ影響を与えます。
・英国のEU単一市場からの撤退がリスク回避要因になりそうです。
・次回FOMCは2/1です。今回利上げは予想されていません!
・新興国(中国含む)から資金流出が続き、リスク要因になっています。
・BOJ政策金利(日銀)は1/31、RBA政策金利は2/7、BOE政策金利は2/2。
・春節(中国)は1/27~2/2まで7連休でレパトリに注意です。

◎FX 見所&相場観

おはようございます、蝦夷守です。
日銀(BOJ)政策金利&クロトン会見、経済指標に加えて米決算と、非常に多くのファンダメンタル情報が出てきます。BOJ政策金利は据え置きでしょう。クロトン会見が注目されますが、この辺でサプライズを織り込んでくる可能性があります。突如火を噴く黒田砲には十分に注意であります。日本銀行は今慌てて動く必要がないのですが、とても動きやすい外的環境があります。利用してくるかもしれません。米国からも重要指標が出てきますが、注目すべきはユーロ圏の経済指標でしょう。ユーロが大きく値動きする可能性があります。

相場観は、米国の経済指標が冴えない内容が続いて弱気になっています。先週のGDPに続き昨夜のPCEコアデフレータも弱く、利上げ期待がやや後退しました。さらにトランプ大統領が署名した入国規制が悪影響を及ぼしています。人的移動が制限される事態は、理由に関わらずファンダメンタルの悪化要因です。ドルが売られる理由になっていました。おおよそ、昨日書いた内容通りの展開となっています。今日は、ファンダメンタル情報の結果により切り返す可能性が十分あります。米国の経済指標は地味に見えるでしょうがどれも重要です。とくにCB消費者信頼感指数は、乱高下を生む場合があります。明日にFOMCが控えていて、長期投資家が動きを控えている事も考慮すべきでしょう。FOMCを見てから行動しようと考えるはずですから。

【日本】
日銀政策金利 時刻未定(一般に13時頃)
予想 -0.10% 現行 -0.10%

失業率(12月)8:30
予想 3.1% 前回 3.1%

有効求人倍率(12月)8:30
予想 1.42 前回 1.41

鉱工業生産・速報値(12月)8:50
予想 0.3% 前回 1.5%(前月比)
予想 3.0% 前回 4.6%(前年比)

【英国】
GFK消費者信頼感調査(1月)9:01
予想 -8 前回 -7

【ユーロ圏】
フランス実質GDP・速報値(第4四半期)15:30
予想 0.4% 前回 0.2%(前期比)

ドイツ小売売上高(12月)16:00
予想 0.6% 前回 -1.7%(-1.8%から修正)(前月比)
予想 0.5% 前回 3.2%(前年比)

ドイツ失業率(1月)17:55
予想 6.0% 前回 6.0%

ドイツ失業者数(1月)17:55
予想 -5千人 前回 -17千人

ユーロ圏失業率(12月)19:00
予想 9.8% 前回 9.8%

ユーロ圏GDP・速報値(第4四半期)19:00
予想 0.4% 前回 0.4%(前期比)
予想 1.7% 前回 1.8%(前年比)

ユーロ圏消費者物価指数(1月)19:00
予想 1.5% 前回 1.1%(前年比)
予想 0.9% 前回 0.9%(コア概算速報値・前年比)

【ブラジル】
失業率(12月)20:00
予想 11.9% 前回 11.9%

【カナダ】
原材料価格指数(12月)22:30
予想 2.8% 前回 -2.0%(前月比)

鉱工業製品価格指数(12月)22:30
予想 0.6% 前回 0.3%(前月比)

GDP(11月)22:30
予想 0.3% 前回 -0.3%(前月比)

【米国】
S&Pケースシラー住宅価格(11月)23:00
予想 5.04% 前回 5.10%(20都市・前年比)

シカゴ購買部協会景気指数(1月)23:45
予想 55.0 前回 53.9(54.6から修正)

コンファレンスボード消費者信頼感指数(1月)1日0:00
予想 112.9 前回 113.7

【NZ】
失業率(第4四半期)1日6:45
予想 4.8% 前回 4.9%

15:30 黒田日銀総裁、記者会見

日銀経済物価情勢の展望レポート
米FOMC開催(1日まで)
中国市場は春節で休場(2日まで)

米主要企業決算
アップル、ファイザー、スプリント、アフラック
エクソンモービル、マスターカード、コーチ

 

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

1月30日(月曜) 今日の為替相場~ドルの総崩れに注意しながらの相場

【お知らせ】
1月24日より、ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1)をローンチカスタマー(早割)致します。一気に投資スキルが伸びるよう配慮してあります。宜しかったら、下記linkを覗いてください。ローンチカスタマーは2月13日まで。

ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1)

参考チャート
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

トピックス
・上記で原油相場&長期金利&為替相場のチャート確認できるようにしました。
・トランプ大統領の諸政策が相場へ影響を与えます。
・英国のEU単一市場からの撤退がリスク回避要因になりそうです。
・次回FOMCは2/1です。今回利上げは予想されていません!
・新興国(中国含む)から資金流出が続き、リスク要因になっています。
・BOJ政策金利(日銀)は1/31、RBA政策金利は2/7、BOE政策金利は2/2。
・春節(中国)は1/27~2/2まで7連休でレパトリに注意です。

◎FX 見所&相場観

おはようございます、蝦夷守です。
今週は大変材料が多く、今日も重要なファンダメンタル情報が出来てきます。米・PCEコアデフレータはFOMC(3月)に影響してきます。インフレ率、消費の強さを確認できます!先週のGDP速報が悪かったのもドルには重石になるでしょう。かなりドルが値崩れする可能性があります。先週はGDPの悪さが織り込まれていないので、1円単位の総崩れに注意しましょう

相場観はFOMCや雇用統計が控えている為、材料待ち状態になりますが、それまではリスク回避的な状況が続くと予想されます。PCEコアデフレータの結果によって値動きに変化が出てくるでしょう。また中国が春節で休暇中なので流動性も低めであります。

【スイス】
KOF先行指数(1月)17:00
予想 N/A 前回 102.2

【ユーロ圏】
ユーロ圏業況判断指数(1月)19:00
予想 0.83 前回 0.79

ユーロ圏消費者信頼感・確報値(1月)19:00
予想 -4.9 前回 -4.9

ドイツ消費者物価指数・速報値(1月)22:00
予想 -0.6% 前回 0.7%(前月比)
予想 2.0% 前回 1.7%(前年比)

ドイツ調和消費者物価指数・速報値(1月)22:00
予想 -0.7% 前回 1.0%(前月比)
予想 2.0% 前回 1.7%(前年比)

【米国】
個人所得(12月)22:30
予想 0.4% 前回 0.0%

個人消費支出(12月)22:30
予想 0.5% 前回 0.2%

PCEデフレータ(12月)22:30
予想 1.8% 前回 1.4%(前年比)

PCEコアデフレータ(12月)22:30
予想 0.1% 前回 0.0%(前月比)
予想 1.7% 前回 1.6%(前年比)

中古住宅販売成約指数(12月)31日0:00
予想 1.5% 前回 -2.5%(前月比)

12:45 2年国債入札(2兆3000億円)
16:45 デベル豪中銀総裁補佐、講演

日銀金融政策決定会合(1日目)
中国市場は春節で休場(2日まで)

 

Tags, , , , , , ,

1月26日(木曜) 今日の為替相場~20,000㌦の大台達成!

【お知らせ】
1月24日より、ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1)をローンチカスタマー(早割)致します。一気に投資スキルが伸びるよう配慮してあります。宜しかったら、下記linkを覗いてください。ローンチカスタマーは2月13日まで。

ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1)

参考チャート
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

トピックス
・上記で原油相場&長期金利&為替相場のチャート確認できるようにしました。
・トランプ大統領の諸政策が相場へ影響を与えます。
・英国のEU単一市場からの撤退がリスク回避要因になりそうです。
・次回FOMCは2/1です。今回利上げは予想されていません!
・新興国(中国含む)から資金流出が続き、リスク要因になっています。
・BOJ政策金利(日銀)は1/31、RBA政策金利は2/7、BOE政策金利は2/2。
・春節(中国)は1/27~2/2まで7連休でレパトリに注意です。

◎FX 見所&相場観

おはようございます、蝦夷守です。
米政権によるインフラ投資&減税への期待感が先行し、NYダウ平均は史上初めて20,000㌦へ到達。大きな節目へ到達しました。これも経済見通しの明るさ(=ファンダメンタルの良好さ)から来たものです。株式市場は、とりあえず目先の需要を意識した動きになっているようで、為替相場とはやや趣が異なります。ドル/円は最後に崩れていましたので。今日は、英・GDP(速報)、米・新築住宅販売件数、景気先行指数などが重要で、米決算でも重要企業からの発表があります。FOMCまで1週間を切り、明日より中国は春節に入ります。

相場観は混沌としています。米株式市場は特需到来を待ちかえる相場になっていますが、為替はそうもいきません。不透明感は根強く、リスク許容度は高く設定できない状態にあります。買いが入っても、すぐ売りが入りやすい局面で風見鶏相場になりやすいでしょう。20,000㌦を達成したNY株も達成感からの利食いに押されやすいでしょう。よく観察しながら進める必要があります。

【シンガポール】
失業率(第4四半期)11:30
予想 2.1% 前回 2.1%

鉱工業生産(12月)14:00
予想 -4.5% 前回 6.1%(前月比)
予想 10.4% 前回 11.9%(前年比)

【スイス】
貿易収支(12月)16:00
予想 N/A 前回 36.4億スイスフラン

【ユーロ圏】
ドイツGFK消費者信頼感(2月)16:00
予想 10.0 前回 9.9

 【英国】
GDP・速報値(第4四半期)18:30
予想 0.5% 前回 0.6%(前期比)
予想 2.1% 前回 2.2%(前年比)

【米国】
新規失業保険申請件数(21日までの週)22:30
予想 247千件 前回 234千件

卸売在庫・速報値(12月)22:30
予想 0.1% 前回 1.0%(前月比)

新築住宅販売件数(12月)27日0:00
予想 588千件 前回 592千件

景気先行指数(12月)27日0:00
予想 0.5% 前回 0.0%(前月比)

8:50 対内外証券売買契約等状況
20:00 メルシュECB理事、講演
27日

3:00 米7年債入札(280億ドル)

ユーロ圏財務相会合

米主要企業決算
マイクロソフトキャタピラー、フォード、アルファベット、インテル、スターバックス

 

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , ,