Tag Archive 資産運用

8月28日(月曜) 本日の相場見通し~トランプを材料にドル買い転化も視野に

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
注目のジャクソンホール・シンポジウムを無風で終え、材料難の月曜日です。相場はこれより9/20のFOMCを見据えた動きになるでしょう。今週発表される最後の関門をクリアできるかが論点になります。バランスシート縮小実施に関する判断材料が今週で整います。ロンドンが休場ですし流動性は低めも、思惑が相場に入り込むでしょう。ちなにみジャネット・イエレンFRB議長講演後にドルが下落しましたが、これは一過性です。金融引締めが後退したのではなく、単に何も言わなかっただけですから。むしろ押し目余地が生まれたと言えるでしょう。

一方でトランプ問題を考慮しなければなりません。問題を多く抱えており、材料が出てくるたびにドルが凹む展開となっています。しかし、先週末にバノン主席戦略官と同調する人物がまた政権を去りました。トランプ政権はより穏健な方向へ向かっており、これまでのトランプリスクが緩和する可能性があります。これまでの凹みを一気に払い戻す展開も想定しなければなりません!もちろん、更なる凹みを起こす可能性を忘れずに…

<国内>
○未定  8月月例経済報告

<海外>
○17:00  7月ユーロ圏マネーサプライM3(予想:前年比4.9%)
○29日00:30  米財務省、2年債(260億ドル)入札
○29日02:00  米財務省、5年債(340億ドル)入札
英国(サマーバンクホリデー)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , ,

8月15日(火曜) 本日の相場見通し~「年内もう一度の利上げを支持」

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
まだお盆ですが、徐々に流動性に厚みが加わってきます。RBA議事録、独GDP・速報値、英・CPI、米・輸入物価指数(IPI)、小売売上高あたりが重視されるでしょう。RBAはハト派的な議事録になる為、豪ドルは少し売られるかも知れません。もし利下げを示唆するようなことがあれば急落まであります。最も重視されるのは米・小売売上高です。9月バランスシート縮小や12月利上げへの思惑が揺らぐ中で、強いデータを出すことができればドル高になるでしょう。また、昨夜ダドリーNY連銀総裁がインタビューで「9月のバランスシート縮小は合理的」「年内もう一度の利上げを支持」と述べました。なおFRBは現路線を堅持している事が分かります。次のFOMCの結果を見通しやすくなりました。

その意味で大変重要なファンダメンタル情報が出てきますから、よく観察すべきです。北朝鮮リスクが表面化していますが、恐らくこのまま落ち着くと思われます。北朝鮮は13日にカナダ人牧師を開放しました。少なくとも沈静化の意図があると見るべきでしょう。米国も同盟国の理解を得なければ、攻撃に移れません。ゆえに沈静化します。ドルは短期的に底を打ち復調するのではないでしょうか(もちろん指標が良ければですが)。

<国内>
○13:30  6月鉱工業生産確報

<海外>
○10:30  8月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
○15:00  4-6月期独国内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.7%/前年同期比1.9%)
○16:15  7月スイス生産者輸入価格(予想:前月比横ばい)
○17:30  7月英消費者物価指数(CPI、予想:前月比横ばい/前年比2.7%)
          小売物価指数(RPI、予想:前月比0.1%/前年比3.5%)
○17:30  7月英卸売物価指数(PPI、食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.5%)
○21:30  7月米輸入物価指数(予想:前月比0.1%)
○21:30  8月米ニューヨーク連銀製造業景気指数(予想:10.1)
○21:30  7月米小売売上高(予想:前月比0.3%/自動車を除く前月比0.3%)
○23:00  8月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数(予想:64)
○23:00  6月米企業在庫(予想:前月比0.4%)
○16日05:00  6月対米証券投資動向

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , ,

6月2日(金曜) 今日の相場見通し~6/14利上げを運命づける雇用統計

 

【参考記事】 誰がタカ派で・誰がハト派か
〔link〕2017年 FOMCボードメンバーの顔触れ

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は雇用統計に注目度が集中するでしょう。米・貿易収支も出ますが雇用統計が6月利上げを決定できる水準にあるかがドルのトレンドに影響します。英・総選挙、トランプリスク、北朝鮮など問題を抱えていますが、FOMCの利上げ期待も高まっています。相場は上下から引っ張り合う力学が働くでしょう。目先はリスク選好であっても、1つの報道・発言で展開がひっくり返るリスクがあります。とはいえ、雇用統計により利上げは確実と判断出来れば、一定のリスク選好を勝ち取れるでしょう。ドル/円にはもう少しだけ利上げを織り込む余地があると思います。114円50銭くらいまではありえる水準です。リスクはあるものの、相場観は整理された状況です。

ちなみに、雇用統計は非農業部門雇用者数、失業率、労働参加率、平均賃金が主要項目です。非農業部門雇用者数に目が行きがちですが、重要なのは後者2つであることを意識しましょう。

<国内>
○08:50  5月マネタリーベース
○14:00  5月消費動向調査(消費者態度指数 一般世帯、予想:43.5)

<海外>
○17:30  5月英建設業購買担当者景気指数(PMI、予想:52.6)
○18:00  4月ユーロ圏卸売物価指数(PPI、予想:前月比0.2%/前年比4.5%)
○21:30  1-3月期カナダ労働生産性指数(予想:前期比1.2%)
○21:30  4月カナダ貿易収支(予想:2000万カナダドルの赤字)
○21:30  4月米貿易収支(予想:461億ドルの赤字)
○21:30  5月米雇用統計(予想:非農業部門雇用者数変化18万人/失業率4.4%/平均時給、前月比0.2%)
○3日01:45  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
○3日02:00  カプラン米ダラス連銀総裁、講演

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

5月30日(火曜) 今日の相場見通し~利上げに向けた三番勝負の一番目!

【参考記事】 誰がタカ派で・誰がハト派か
〔link〕2017年 FOMCボードメンバーの顔触れ

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
昨日と一転してファンダメンタル情報が多くでてきます。中国は端午節ですので東京時間の流動性は低めになるでしょう。特に米国から出るPCEコアデフレータ、CB消費者信頼感指数は6月利上げを決める重要資料となります。1日のISM製造業景気指数、2日の雇用統計と三番勝負の一番目です。FRBが掲げるデュアルマンデード(二大責務)の進捗を確認することが出来るでしょう。他に日本・豪州・ドイツから重要指標がでます。昨日、欧州では英国とギリシャで不穏な報道がありました。英国では「合意ないEU離脱の用意ある」とメイ首相が述べ、さらに選挙情勢で保守党は差を詰められ不透明感が増しています。ギリシャでも「債権団との合意なければ支払い拒否」と、危機が再燃しそうな報道がありました。

相場観は、材料待ちが続きます。今日の材料を見てから動き出すでしょう。マーケットの雰囲気は梅雨空みたいです。トランプに今回の欧州の報道もあり、ビットコインの暴落までありました。悪い話にウンザリしていて上値を追おうとしないでしょう。流れを変える材料を必要としています。

<国内>
○08:30  4月完全失業率(予想:2.8%)
○08:30  4月有効求人倍率(予想:1.46倍)
○08:30  4月家計調査(消費支出、予想:前年比▲0.9%)
○08:50  4月商業販売統計速報(小売業販売額、予想:前年比2.3%)
○14:00  日銀算出の4月消費者物価指数(CPI、除く生鮮食品・エネルギー)

<海外>
○07:45  4月ニュージーランド(NZ)住宅建設許可件数
○10:30  4月豪住宅建設許可件数(予想:前月比3.0%)
○15:00  4月独輸入物価指数(予想:前月比0.1%/前年比6.3%)
○15:00  4月南アフリカマネーサプライM3(予想:前年比5.70%)
○15:45  5月仏消費者信頼感指数(予想:101)
○15:45  4月仏消費支出(予想:前月比0.8%)
○15:45  1-3月期仏国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.3%)
○16:00  5月スイスKOF景気先行指数(予想:105.8)
○18:00  5月ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値、予想:▲3.3)
○19:15  リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
○21:00  5月独消費者物価指数(CPI)速報値(予想:前月比▲0.1%)
○21:30  1-3月期カナダ経常収支(予想:120億カナダドルの赤字)
○21:30  4月カナダ鉱工業製品価格
○21:30  4月カナダ原料価格指数
○21:30  4月米個人消費支出(PCE、予想:前月比0.4%)
個人所得(予想:前月比0.4%)
PCEコアデフレータ(予想:前月比0.1%)
○22:00  3月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比5.6%)
○23:00  5月CB米消費者信頼感指数(予想:119.8)
○31日02:00 ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
中国、香港(端午節)、休場

 

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,