Tag Archive 貿易収支

8月8日(火曜) 今日の相場見通し~夏季休暇でマーケット参加者が減少中

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は日本・中国・ドイツから発表される貿易収支が注目されます。夜にはOPEC専門家会合の結果が出てくるため原油市場に動きが出そうです。材料が多くはない事に加えて、サマーバケーションに入った欧米投資家も多く、昨日もそうでしたが静かな相場になっています。日本も間もなくお盆休みとなり実質6日ほどの長期休暇入りします。ファンダメンタル分析の1つに「祭日スケジュール」があり、お盆&欧米サマーバケーションの時期は祭日スケジュールでも重要な位置づけです。これを終えると次は11月米感謝祭、12月Xmasとなります。いずれにせよ、今は流動性が低い時期であります。

流動性が低いことは値動きを小さくする効果がありますが、逆に値を軽くする効果もあります。小さな取引量でレートが変わること、投機筋の比率が高まることが主な理由と考えられます。

<国内>
○08:50  6月国際収支速報
                経常収支(予想:8605億円の黒字)
        貿易収支(予想:5715億円の黒字)
○14:00  7月景気ウオッチャー調査(現状判断指数、予想:50.2)

<海外>
○08:01  7月英小売連合(BRC)小売売上高調査(予想:前年同月比0.9%)
○10:30  7月豪NAB企業景況感指数
○未定   7月中国貿易収支(予想:2935億5000万元の黒字、450億ドルの黒字)
○14:45  7月スイス失業率(季節調整前、予想:3.0%)
○15:00  6月独貿易収支(予想:230億ユーロの黒字)
○15:00  6月独経常収支(予想:245億ユーロの黒字)
○15:45  6月仏貿易収支(予想:50億5000万ユーロの赤字)
○15:45  6月仏経常収支
○15:45  6月仏財政収支
○9日02:00  米財務省、3年債(240億ドル)入札
○南アフリカ議会で大統領不信任投票
石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要参加国が専門家会合(アブダビ、最終日)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , ,

今週の相場&論点~新要人であるコーン発言が影響を強める相場

ゲイリー・コーン氏。彼が表舞台に出てきました。発言には要注意です!

■今週の相場観  よく確認しましょう

先週、非常に重要なファンダメンタル情報が多くありました。今週は落ち着くものの、米中の消費者物価指数(CPI)、RBNZ政策金利などが発表されます。米国からは総裁級の要人発言も多く、9月バランスシート縮小の確実度を測れるでしょう。先週も話題になっていましたが、時期FRB議長レースも激化しつつあり、コーン国家経済会議議長の発言にも注目を集めています。新しく登場した要人なので覚えておくと良いでしょう。現在は℃ランプ政権で減税法案に携わっていますが、時期FRB議長の最右翼です。このコーン氏が「年末までに法人税減税をする」と述べたことで減税期待からドル買いが進む可能性も出てきました。

他には日中・貿易収支、米・生産者物価指数(PPI)、OPEC会合等が注目を集めるでしょう。原油価格も為替相場を動かすでしょう。地政学リスク・政局リスクも健在で、安倍政権の揺らぎは収まったものの「ロシアゲート」は重石ですし、北朝鮮の核問題もリスクとして残ります。

相場観はドルが強気で動く環境になっています。ISMこそ弱含みだったものの、PCEコアデフレータや雇用統計は強く9月バランスシート縮小は正当化されました。12月利上げに関する思惑は微妙になっており、ファンダメンタル情報で整理されればドルはそれに従った動きになります。私個人の予測では12月利上げは今のところ実施確実です。ですから、この前提からどう変化していくかを考えていく事で、ドル相場も見えてきます。

今週のファンダメンタル情報

7日(月)
セントルイス連銀総裁、講演
ミネアポリス連銀総裁、講演
OPEC加盟国・非加盟国専門会合

8日(火)
日本国際収支(6月)
中国貿易統計(7月)

9日(水)
中国消費者物価指数(7月)
中国生産者物価指数(7月)

10日(木)
NZ中銀政策金利
米生産者物価指数(7月)
米新規失業保険申請件数(5日までの週)
NY連銀総裁、記者会見
OPEC月報

11日(金)
東京市場は山の日祝日で休場
米消費者物価指数(7月)
ダラス連銀総裁、講演
ミネアポリス連銀総裁、講演

Tags, , , , , , , , , , , , , , , ,

2月10日(金曜) 今日の為替相場~もしトラ相場

 

【あと5日です】今なら3カ月のメールサポートを無料でお付けいたします!

【新発売】
広告させて頂きます。2月14日より〔link〕ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1)を販売させて頂きます。そして今、ローンチカスタマー(早割)で通常の割引以上に割安とさせて頂きました。さらに今回は、購読の他に『メールによる質問』を受け付けます(期間限定)。質問も上手に使う事で、一気に投資スキルを伸ばすことができるでしょう!ローンチカスタマー(早割)は2月13日(24:00)まで受け付けさせて頂きます。

参考チャート
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
きょうは安倍・トランプ日米首脳会談が大きなイベントです。米国で日本製新幹線導入の機運がある一方、FTP交渉についてなど懸念材料もあり難しい展開になるでしょう。昨日のインフラ投資&減税に関する発表とともに、トランプ大統領絡みの相場になっていきそうです。経済指標は中国・貿易収支(総額)、米・ミシガン大学消費者信頼感、輸入物価指数(IPI)等が重視されます。値動きも浮ついた雰囲気がありますし、乱高下の可能性が今日もあります。113円のドル/円が115円に向かうか、111円に戻るかは材料次第です。もしトランプ大統領が、日本とも喧嘩腰に振る舞うようなことがあれば、ドル/円は相当崩れるでしょう。このリスクも理解して取り組む必要があります。

【日本】
国内企業物価指数(1月)8:50
予想 0.2% 前回 0.6%(前月比)
予想 0.0% 前回 -1.2%(前年比)

第3次産業活動指数(12月)13:30
予想 -0.2% 前回 0.2%(前月比)

【英国】
商品貿易収支(12月)18:30
予想 -114.50億ポンド 前回 -121.63億ポンド

鉱工業生産(12月)18:30
予想 0.2% 前回 2.1%(前月比)
予想 3.2% 前回 2.0%(前年比)

製造業生産高(12月)18:30
予想 0.5% 前回 1.3%(前月比)
予想 1.7% 前回 1.2%(前年比)

【インド】
鉱工業生産(12月)21:00
予想 1.2% 前回 5.7%(前年比)

【カナダ】
失業率(1月)22:30
予想 6.9% 前回 6.9%

雇用者数(1月)22:30
予想 -10.0千人 前回 46.1千人(53.7千人から修正)

【米国】
輸入物価指数(1月)22:30
予想 0.2% 前回 0.4%(前月比)
予想 3.1% 前回 1.8%(前年比)

ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値(2月)11日0:00
予想 97.8 前回 98.5

9:30 豪中銀四半期金融政策報告
11:00頃 中国貿易収支(1月)
19:00 バイトマン独連銀総裁、講演

日米首脳会談(ワシントン)

 

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,

1月13日(金曜) 今日の為替相場~小売売上高、貿易収支、決算が相場の中心に

参考チャート
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

お知らせ&トピックス
・上記で原油相場&長期金利&為替相場のチャート確認できるようにしました。
・2017年に入りました。新年に入った事で新たなマネーが流れ込みます。
・FOMC利上げし、更なる追加利上げへの観測があります。
・次回FOMCは2月1日です
・新興国(中国含む)から資金流出が続き、リスク要因になっています。
・1月20日にトランプ大統領の就任式です。11日に会見があります。
・春節(中国)は1/27~2/2まで7連休でレパトリに注意です

◎FX 相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
昨日は大荒れでした。ですが状況をよく観察すれば分かりやすい相場だったと思います。ここまで上がったドルを利益確定させるちょうど良い材料がでてきたためです。ただし複数のFRB要人が年3回の利上げを容認する発言をしたため、ある程度下値は限定されました。特にハト派で2017年のFOMCボードメンバーでもあるエバンス シカゴ連銀総裁が『年3回は妥当』と指摘したのは大きな意味を持ちます。その辺は今日の相場へも影響するでしょう。

今日は、日本時間にジャネット・イエレンFRB議長の講演があります。経済指標は米・小売売上高中・貿易収支が中心となります。さらに米決算に注目が集まるでしょう。特に問題を起こしたウェルズファーゴが決算発表します。どんな業績見通しを出してくるか?注目です。中国の貿易収支(貿易総額)も重要で、中国のファンダメンタルを確認できます。相場観は昨日までと異なり、やや中立に戻ります。そのうえで重要データに沿って値動きを起こすでしょう。確認しながらのトレードが正しいと思います。もし悪いデータが並ぶようなら、リスク回避が再進撃を始めます。

【韓国】
韓国中銀政策金利 時刻未定
予想 1.25% 現行 1.25%

【日本】
マネーストックM2(12月)8:50
予想 4.1% 前回 4.0%(前年比)

【シンガポール】
小売売上高(11月)14:00
予想 0.2% 前回 1.7%(前月比)
予想 1.7% 前回 2.2%(前年比)

【ユーロ圏】
ドイツ卸売物価指数(12月)16:00
予想 N/A 前回 0.1%(前月比)
予想 N/A 前回 0.8%(前年比)

【米国】
小売売上高(12月)22:30
予想 0.7% 前回 0.1%(前月比)
予想 0.5% 前回 0.2%(自動車除くコア・前月比)

生産者物価指数(12月)22:30
予想 0.3% 前回 0.4%(前月比)
予想 1.6% 前回 1.3%(前年比)
予想 0.1% 前回 0.4%(食品エネルギー除くコア・前月比)
予想 1.5% 前回 1.6%(食品エネルギー除くコア・前年比)

企業在庫(11月)14日0:00
予想 0.6% 前回 -0.2%(前月比)

ミシガン大学消費者信頼感指数・速報値(1月)14日0:00
予想 98.5 前回 98.2

8:50 対内外証券投資状況
9:00 イエレンFRB議長、講演
11:00頃 中国貿易収支(12月)
23:30 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁、講演

米主要企業決算
JPモルガン、BOA、ウェルズファーゴブラックロック

 

Tags, , , , , , , , , , , , , ,