Tag Archive 投資家

8月7日(月曜) 今日の相場見通し~材料難とポジション調整と…

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は材料が少ない月曜日です。先週の雇用統計を織り込む動きもあり、いったんポジションを利食いする動きもある。全体の動きが一致しにくい相場観になりそうです。ファンダメンタル情報も重要なものは少なく、米要人発言、OPEC専門家会合、米企業決算が注目されるくらいです。米決算は消費系企業が多く、米国のファンダメンタルを測定できるでしょう。株価・原油の値動きに影響されやすくなります。

<国内>
○08:50  7月外貨準備高
○14:00  6月景気動向指数速報値(予想:先行106.2/一致117.2)

<海外>
○15:00  6月独鉱工業生産(予想:前月比0.2%)
○16:15  7月スイス消費者物価指数(CPI、予想:前月比▲0.3%)
○23:45  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
○8日02:25  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
○8日04:00  6月米消費者信用残高(予想:155億ドル)
石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要参加国が専門家会合(アブダビ、8日まで)
カナダ(市民の日)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

〔米決算〕※数字は1株当たりの利益予測
マリオット(1.020)
CBS(0.955)
タイソン・フーズ(1.188)

Tags, , , , , , , , ,

8月3日(木曜) 今日の相場見通し~9月バランスシート縮小の公算がさらに高まる!

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日はBOE政策金利&BOE四半期インフレ報告が重要です。金利は据え置きですが、BOEが景気をどう考え、利上げへの見解を再確認できるでしょう。ユーロ圏離脱の影響をどう考えているかも重要です。英国は目下利上げへ向かっていますから、その辺への示唆がポンド相場を動かします。これ以外では、米ISM非製造業景気指数が重要です。

昨夜から今朝にかけて、米要人発言が入り乱れました。4人の連銀総裁が発言し、ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁は「9月バランスシート縮小開始が適切」と9月案を支持しています。一方でブラード・セントルイス連銀総裁は「インフレが弱く、利上げ反対」と述べドル相場を崩していました。要人発言を総括すると、概ね9月利上げが適切。インフレ鈍化は一時的で2017年にあと1回の利上げを支持というものです。やや後退してた思惑が回復しそうです。明日の雇用統計はそれを確認する場になるでしょう。

相場観はドルが盛り返しやすいシチュエーションが整いつつあります。今日買われるかは別に、ドル上昇がメーンシナリオになるでしょう。利上げ思惑が確認できれば、ポンド急騰も考えられます。

<国内>
○08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)

<海外>
○10:30  6月豪貿易収支(予想:18億豪ドルの黒字)
○10:45  7月Caixin中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
○16:50  7月仏サービス部門PMI改定値(予想:55.9)
○16:55  7月独サービス部門PMI改定値(予想:53.5)
○17:00  7月ユーロ圏サービス部門PMI改定値(予想:55.4)
○17:00  欧州中央銀行(ECB)月報
○17:30  7月英サービス部門PMI(予想:53.6)
○18:00  6月ユーロ圏小売売上高(予想:前月比横ばい/前年比2.5%)
○20:00  英中銀金融政策委員会(MPC)政策金利発表(予想:0.25%で据え置き、資産買取プログラムは4350億ポンドで維持)
○20:00  MPC議事要旨
○20:00  英中銀(BOE)、四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
○20:30  7月米企業の人員削減数(チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマス社調べ)
○21:30  前週分の米新規失業保険申請件数(予想:24万3000件)
○23:00  7月米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数(総合、予想:56.9)
○23:00  6月米製造業新規受注(予想:前月比3.0%)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , , ,

8月2日(水曜) 本日の相場見通し~雇用統計(金曜)を意識しつつの相場観

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
マーケットの関心は金曜の雇用統計に移り、それを踏まえての相場になります。今日はその前座となるADP雇用者数がでますのでドルは乱高下が予想されます。米国からは原油在庫統計(EIA)もでます。要人発言も有ります。とはいえ、相場をひっくり返すようなファンダメンタル情報がある訳でもありません。こういう日は、株式市場・原油市場・長期金利などの動きに為替相場が影響を強く受けます。明日はBOE政策金利があるので、ポンド動向には注意が必要です。BOEがタカ派に動くかハト派的になるのか、ちょっと読みにくいためです。

昨日、米国ではISM製造業景気指数&PCEコアデフレータが出ました。データはまずまず良好で推移したためドルは堅実な動きをしそうです。利上げを後押ししたとマーケットは考えるからです。一方でNZドルは軟調でしょう。昨晩のGDT物価指数は-1.6%と鈍化し、先月の消費者物価指数(CPI)も冴えないデータだったためです。初夏のころの勢いはありません。全般を見渡すとドルとユーロがた通貨と比べて相対的に強い状況となっています。

<国内>
○08:50  7月マネタリーベース
○10:30  布野幸利日銀審議委員、あいさつ
○14:00  7月消費動向調査(消費者態度指数 一般世帯、予想:43.5)

<海外>
○07:45  4-6月期ニュージーランド(NZ)失業率(予想:4.8%)
○10:30  6月豪住宅建設許可件数(予想:前月比1.0%)
○14:45  7月スイスSECO消費者信頼感指数(予想:▲3)
○16:15  6月スイス小売売上高
○16:30  7月スイスSVME購買部協会景気指数(予想:58.8)
○17:30  7月英建設業購買担当者景気指数(PMI、予想:54.0)
○18:00  6月ユーロ圏卸売物価指数(PPI、予想:前月比▲0.1%/前年比2.5%)
○18:00  インド中銀、金融政策決定会合(予想:6.00%に引き下げ)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○21:15  7月ADP全米雇用報告(予想:19万人)
○23:30  EIA週間在庫統計
○24:00  メスター米クリーブランド連銀総裁、講演
○3日04:30  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
○英中銀金融政策委員会(MPC、3日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , ,

7月28日(金曜) 今日の相場見通し~米GDP速報値など値動きが大きくなりそう

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は21:30にピークを迎えます。米・GDP速報値を中心に構成されます。GDPはGDPだけでなく同時発表の個人消費・GDPデフレータも重視されます。予想値からブレればドルを中心に乱高下が起こるでしょう。米国の成長率は下方修正される傾向にありますが、強気なデータが出てくることも考えられます。他は日本・雇用統計、消費者物価指数、豪・生産者物価指数(PPI)、独・消費者物価指数が重視されます。今日は実質月末でもあり、来月はお盆など大型連休もあるためレパトリエーション(資金還流)も注意です。日本ではソフトバンクをはじめ日経平均に関与する企業決算が多くあります。決算も当然ながら為替に影響します。

トランプ政権の動きが活発で北朝鮮・ロシアなどへの制裁法案可決、為替操作国への制裁、減税法案への取り組みなど発言がありました。昨晩の円高は為替操作国への制裁リスクを織り込んだものです。この辺もファンダメンタル修正に絡んでくると考えるべきです。全般にリスク選好ですが、売られる理由も増えてきています

<国内>
○08:30  6月完全失業率(予想:3.0%)
○08:30  6月有効求人倍率(予想:1.50倍)
○08:30  6月家計調査(消費支出、予想:前年比0.5%)
○08:30  6月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合予想:前年比0.4%)
○08:30  7月東京都区部CPI(生鮮食品を除く総合予想:前年比0.1%)
○08:50  6月商業販売統計速報(小売業販売額、予想:前年比2.4%)
○08:50  日銀金融政策決定会合における主な意見(7月19-20日分)

<海外>
○08:01  7月英消費者信頼感指数(Gfk調査、予想:▲11)
○10:30  4-6月期豪卸売物価指数(PPI)
○11:30  4-6月期シンガポール失業率(速報値、予想:2.3%)
○14:30  4-6月期仏国内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.5%)
○15:45  7月仏CPI速報値(予想:前月比▲0.4%)
○15:45  6月仏消費支出(予想:前月比▲0.4%)
○16:00  7月スイスKOF景気先行指数(予想:106.0)
○18:00  7月ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値、予想:▲1.7)
○19:30  ロシア中銀、政策金利発表(予想:9.00%で据え置き)
○21:00  7月独CPI速報値(予想:前月比0.2%)
○21:30  5月カナダGDP(予想:前月比0.2%)
○21:30  4-6月期米GDP速報値(予想:前期比年率2.6%)
○23:00  7月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値、予想:93.1)
○29日02:20  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

 

Tags, , , , , , , , , , , ,