Tag Archive 利上げ

8月30日(水曜) 本日の相場見通し~ドルは強いデータを受け凄まじい上昇力!

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
久しぶりにドル/円が凄まじい上昇力を見せました!早朝に北朝鮮が北海道沖へミサイル発射をし急落の後、深夜帯に快進撃。CB消費者信頼感指数、S&Pケースシラー住宅価格指数と強いデータに後押しされました。実質的に月末を終え、FOMCを見据えたドル買いが強まった影響と見ることも出来ます。また日本の雇用統計も良い内容でした。昨日も書いた通り、ミサイルの影響は一過性でした

今日はADP雇用者数が注目されます。雇用統計と連動性があるため前座として非常に注目されます(ADP自体が重要な訳ではない)。予想以上のデータであれば雇用統計への期待から、ドルは更に底上げされるでしょう。原油在庫統計(EIA)も今回は特に重視されます。目下、メキシコ湾に巨大ハリケーンがいて原油在庫の増減に注目が集まっています。原油相場が動きやすく、ドルも動きやすいでしょう。ユーロも非常に買われていますが、9/7のECB政策金利でどういった声明が出てくるかで潮目が変わります。

毎日書きますが、トランプ大統領がらみのリスク回避は常に存在します。北朝鮮も9/9が建国記念日ですから、更なるミサイル実験をおこなう公算があります。経済は強く、政情は悪い二面性の相場観が続いています。

<国内>
○08:50  7月商業販売統計速報(小売業販売額、予想:前年比1.0%)
メイ英首相、来日(9月1日まで)

<海外>
○07:45  7月ニュージーランド(NZ)住宅建設許可件数
○10:30  7月豪住宅建設許可件数(予想:前月比▲5.0%)
○15:00  7月南アフリカマネーサプライM3(予想:前年比6.10%)
○16:00  8月スイスKOF景気先行指数(予想:107.0)
○17:30  7月英消費者信用残高(予想:15億ポンド)
○17:30  7月英マネーサプライM4
○18:00  8月ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値、予想:▲1.5)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○21:00  8月独消費者物価指数(CPI)速報値(予想:前月比0.1%)
○21:15  8月ADP全米雇用報告(予想:18万5000人)
○21:30  4-6月期カナダ経常収支(予想:174億カナダドルの赤字)
○21:30  4-6月期米国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比年率2.7%)
○22:15  パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
○23:30  EIA週間在庫統計

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , ,

8月23日(水曜) 本日の相場見通し~110円に敷かれた防御を崩せるか?

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
良くも悪くもトランプ政権に振り回されています。昨日は、ムニューシン米財務長官やコーンNEC委員長が推し進める減税政策への期待感が相場を押し上げました。北朝鮮リスクもやや後退しました。また25日からのジャクソンホール・シンポジウムへの期待感もあるようです。ドル/円は109.70あたりで、110円を突破するホームポジションにつけました。トランプ大統領次第だと思います。現在、110円近辺に売りポジが厚くあるようですが、それを崩せるでしょうか?攻防戦になります。

ファンダメンタル情報は、ユーロ圏から重要なものが続きます。マリオ・ドラギECB総裁講演、独・製造業PMI、ユーロ圏・消費者信頼感は非常に重要です。ECBが出口戦略にいつ出るのか?それがユーロ相場のポイントとなっており、もしかするとインパクトある発言が聞けるかも知れません。そうしたらユーロ圏は大相場になります!逆に期待外れで急落する可能性も十分にあります。その辺を確認できるでしょう。米国からは住宅指標と原油統計がでてきます。

<国内>
特になし

<海外>
○14:00  7月シンガポール消費者物価指数(CPI、予想:前年比0.7%)
○16:00  8月仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(予想:54.5)
○16:00  8月仏サービス部門PMI速報値(予想:55.8)
○16:00  ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演
○16:30  8月独製造業PMI速報値(予想:57.6)
○16:30  8月独サービス部門PMI速報値(予想:53.3)
○17:00  8月ユーロ圏製造業PMI速報値(予想:56.3)
○17:00  8月ユーロ圏サービス部門PMI速報値(予想:55.4)
○17:00  7月南アフリカCPI(予想:前月比0.3%/前年比4.7%)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○22:05  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
○23:00  7月米新築住宅販売件数(予想:前月比横ばい/61万件)
○23:00  8月ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値、予想:▲1.8)
○23:30  EIA週間在庫統計

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , ,

8月3日(木曜) 今日の相場見通し~9月バランスシート縮小の公算がさらに高まる!

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日はBOE政策金利&BOE四半期インフレ報告が重要です。金利は据え置きですが、BOEが景気をどう考え、利上げへの見解を再確認できるでしょう。ユーロ圏離脱の影響をどう考えているかも重要です。英国は目下利上げへ向かっていますから、その辺への示唆がポンド相場を動かします。これ以外では、米ISM非製造業景気指数が重要です。

昨夜から今朝にかけて、米要人発言が入り乱れました。4人の連銀総裁が発言し、ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁は「9月バランスシート縮小開始が適切」と9月案を支持しています。一方でブラード・セントルイス連銀総裁は「インフレが弱く、利上げ反対」と述べドル相場を崩していました。要人発言を総括すると、概ね9月利上げが適切。インフレ鈍化は一時的で2017年にあと1回の利上げを支持というものです。やや後退してた思惑が回復しそうです。明日の雇用統計はそれを確認する場になるでしょう。

相場観はドルが盛り返しやすいシチュエーションが整いつつあります。今日買われるかは別に、ドル上昇がメーンシナリオになるでしょう。利上げ思惑が確認できれば、ポンド急騰も考えられます。

<国内>
○08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)

<海外>
○10:30  6月豪貿易収支(予想:18億豪ドルの黒字)
○10:45  7月Caixin中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
○16:50  7月仏サービス部門PMI改定値(予想:55.9)
○16:55  7月独サービス部門PMI改定値(予想:53.5)
○17:00  7月ユーロ圏サービス部門PMI改定値(予想:55.4)
○17:00  欧州中央銀行(ECB)月報
○17:30  7月英サービス部門PMI(予想:53.6)
○18:00  6月ユーロ圏小売売上高(予想:前月比横ばい/前年比2.5%)
○20:00  英中銀金融政策委員会(MPC)政策金利発表(予想:0.25%で据え置き、資産買取プログラムは4350億ポンドで維持)
○20:00  MPC議事要旨
○20:00  英中銀(BOE)、四半期ごとの物価報告(インフレリポート)
○20:30  7月米企業の人員削減数(チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマス社調べ)
○21:30  前週分の米新規失業保険申請件数(予想:24万3000件)
○23:00  7月米サプライマネジメント協会(ISM)非製造業指数(総合、予想:56.9)
○23:00  6月米製造業新規受注(予想:前月比3.0%)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , , ,

8月1日(火曜) 本日の相場見通し~経済指標で大きな値動きが発生しやすい相場

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。更新遅くなりました。
今日は重要なファンダメンタル情報が数多くあります。重要なのは青字になっていますが、特に重要なのはRBA政策金利、米PCEコアデフレータ、ISM製造業景気指数の3つです。このうちRBA政策金利は既にでていますが、ファンダメンタルの弱さを強調する内容でした。これはBLOGで何度も書いてきた通りです。夜の米経済指標はFOMCが金融政策を決める資料となります。FRBが言うインフレ率はPCEコアデフレータですから、特によく観察しなければなりません。また深夜24時ごろにはNZ・フォンテラGDT指数も発表予定です。間もなく、お盆休み・ロングバケーション(欧米)が始まるためレパトリエーション(資金還流)も起こりやすくなっています。

相場観は、これらファンダメンタル情報を受けて動き始めるでしょう。ドル相場は大きなトレンドを生み出しそうです。為替相場は、経済の動きによって値動きを起こします。FXをやるなら、この辺をよく観察してトレードすべきでしょう。

<国内>
特になし

<海外>
○10:45  7月Caixin中国製造業購買担当者景気指数(PMI、予想:50.4)
○13:30  豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:1.50%で据え置き)
○15:00  7月英ネーションワイド住宅価格指数(予想:前月比▲0.1%)
○16:50  7月仏製造業PMI改定値(予想:55.4)
○16:55  7月独製造業PMI改定値(予想:58.3)
○16:55  7月独雇用統計(予想:失業率5.7%/失業者数変化▲5000人)
○17:00  7月ユーロ圏製造業PMI改定値(予想:56.8)
○17:30  7月英製造業PMI(予想:54.5)
○18:00  4-6月期ユーロ圏域内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.6%/前年比2.1%)
○21:30  6月米個人消費支出(PCE、予想:前月比0.1%)
          個人所得(予想:前月比0.4%)
          PCEコアデフレータ(予想:前月比0.1%)
○23:00  7月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数(予想:56.4)
○23:00  6月米建設支出(予想:前月比0.4%)
○2日05:30  アップル第3四半期(4-6月期)決算
スイス(建国記念日)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , ,