Tag Archive 円安

8月28日(月曜) 本日の相場見通し~トランプを材料にドル買い転化も視野に

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
注目のジャクソンホール・シンポジウムを無風で終え、材料難の月曜日です。相場はこれより9/20のFOMCを見据えた動きになるでしょう。今週発表される最後の関門をクリアできるかが論点になります。バランスシート縮小実施に関する判断材料が今週で整います。ロンドンが休場ですし流動性は低めも、思惑が相場に入り込むでしょう。ちなにみジャネット・イエレンFRB議長講演後にドルが下落しましたが、これは一過性です。金融引締めが後退したのではなく、単に何も言わなかっただけですから。むしろ押し目余地が生まれたと言えるでしょう。

一方でトランプ問題を考慮しなければなりません。問題を多く抱えており、材料が出てくるたびにドルが凹む展開となっています。しかし、先週末にバノン主席戦略官と同調する人物がまた政権を去りました。トランプ政権はより穏健な方向へ向かっており、これまでのトランプリスクが緩和する可能性があります。これまでの凹みを一気に払い戻す展開も想定しなければなりません!もちろん、更なる凹みを起こす可能性を忘れずに…

<国内>
○未定  8月月例経済報告

<海外>
○17:00  7月ユーロ圏マネーサプライM3(予想:前年比4.9%)
○29日00:30  米財務省、2年債(260億ドル)入札
○29日02:00  米財務省、5年債(340億ドル)入札
英国(サマーバンクホリデー)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , ,

6月20日(火曜) 今日の相場見通し~ドル高は続くか?要人発言をよく観察すべし!

スタンレー・フィッシャーFRB副総裁

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
昨日の記事にも書いた通り、金利が意識されドルが強く推移しました。ダドリーNY連銀総裁発言「我々は金融状況をそれほど引き締めていない」が大きく影響し、追加利上げが意識されたためです。材料が少ない中で、よくあるパターンだったと思います。ドルの強気トレンドはすでに指摘した通りです。今後も強弱を繰り返しながら上値を追っていく可能性が高まっています。今日の見どころは、要人発言が相次ぐ点です。スタンレー・フィッシャーFRB副総裁をはじめFRB要人が多くのメッセージを発します。ハト派代表格エバンス総裁も登場します。他にはRBA議事録が重視されます。きょうは日本時間にイベントが多く発せられる珍しい展開ですね。

相場観はドル買いの勢いが継続するでしょう。止める材料が入ってくるまで続くと予想されます。ハト派のエバンスが利上げ反対といっても相場は動きません。しかし、もしエバンス総裁がタカ派発言をすればドルは垂直上昇します。フィッシャーFRB副議長の発言でも値動きがあるでしょう。久々にリスク材料がとても少ない中で相場が進んでいます。トランプ大統領がらみなど突発情報がリスクとなりますから、そのへんの見極めが重要です。

<国内>
特になし

<海外>
○08:00  エバンズ米シカゴ連銀総裁、講演
○10:30  1-3月期豪住宅価格指数(予想:前期比2.2%/前年比8.9%)
○10:30  6月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
○15:00  5月独生産者物価指数(PPI、予想:前月比▲0.1%)
○16:15  フィッシャー米連邦準備理事会(FRB)副議長、講演
○16:30  カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁、講演
○17:00  4月ユーロ圏経常収支(季節調整済み)
○17:00  1-3月期南アフリカ経常収支(予想:840億ランドの赤字)
○17:30  5月香港消費者物価指数(CPI、予想:前年同月比2.1%)
○17:30  コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
○21:15  ローゼングレン米ボストン連銀総裁、講演
○21:30  4月カナダ卸売売上高(予想:前月比0.5%)
○21:30  1-3月期米経常収支(予想:1236億ドルの赤字)
○21日04:00  カプラン米ダラス連銀総裁、講演

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , , ,

6月16日(金曜) 今日の相場見通し~ドル/円は111円を突破しその次はどうなる?

今日も簡潔に書かせて頂きます。飲み過ぎで二日酔いと戦っています…

BOJ政策金利(日銀)が昼過ぎに発表され、据え置きでした。会見で黒田東彦BOJ総裁がどう発言するか注目ですが、金融政策は無風で通過しました。夜には米国から重要な経済指標が発表されます。最も重要なのは住宅建設許可件数、ミシガン大学消費者信頼感(速報)です。労働市場情勢指数(LMCI)は先週発表中止になり今日に移ってきたものですね。よいデータが並べばまたドル高です。今回のドル高は、アベノミクスの時に近いチャートに成長する可能性があります。午前に111円を抜けましたが、一方的に上がり続ける相場に成るかも知れません。

先日のFOMCで決まったことが、いったいどういう意味を持つのか?よく考えてみる必要があるでしょう。金利が理由で相場が動き始めた場合、シグナルとか関係なく相場は進むのです

<国内>
○未定   日銀金融政策決定会合(終了後、決定内容発表、予想:当座預金金利▲0.10%で据え置き)
○15:30  黒田東彦日銀総裁、定例記者会見

<海外>
○18:00  5月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値(予想:前年比1.4%)
○19:30  ロシア中銀、政策金利発表(予想:9.00%に引き下げ)
○21:30  4月対カナダ証券投資
○21:30  5月米住宅着工件数(予想:122万件、前月比4.1%)
         住宅建設許可件数(予想:124万9000件、前月比1.7%)
○23:00  5月米労働市場情勢指数(LMCI、予想:3.0)
○23:00  6月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、速報値、予想:97.0)
○17日01:45  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
○欧州連合(EU)財務相理事会(ルクセンブルク)
○南アフリカ(青年の日)、休場
○18日 仏下院選決選投票

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , ,

今週の相場&論点~重FOMCがある14日は今年特に重要な1日

14日のFOMCはイエレン会見&経済見通しが含まれる重FOMC。14日の利上げは確定的で、その次の利上げへ焦点が移りつつある。14日の利上げはほぼ織り込まれているものの、もう少し織り込み余地があると思われる。

■今週の相場観  重要イベントをチェックしてから今週のトレードをやりましょう!

先週のイベントを通過し、リスク材料が消えつつあります。そのうえでFOMCを含む新たな材料が多くでてきます。米国では+0.25%の利上げがあるでしょう。他にも英国、日本で政策金利があります。どちらも据え置きで無風と思われます。その他にも多くのファンダメンタル情報がでてきます(下記に掲載)。ファンダメンタルを動かす重要材料が多いのでよく観察すべきです。現在注意すべきリスク材料は、北朝鮮核問題・カタール問題(原油相場)・英組閣・トランプ問題などです。まずはリスク選好になりますが、相場が急転する可能性もあるので、注意深くトレードを進める必要があります。特にイエレン議長の発言は注意深く聞く必要があるでしょう。

13日(火)
独ZEW景況感指数(6月)
英消費者物価指数(5月)
英生産者物価指数(5月)
米生産者物価指数(5月)
OPEC月報

14日(水)
中国小売売上高(5月)
中国鉱工業生産(5月)
米小売売上高(5月)
米消費者物価指数(5月)
米FOMC、経済予測公表、イエレンFRB議長会見

15日(木)
豪雇用統計(5月)
英中銀政策金利
スイス中銀政策金利
米鉱工業生産(5月)
米NY連銀製造業景況指数(6月)
米新規失業保険申請件数(10日までの週)
ユーロ圏財務相会合

16日(金)
日銀金融決定会合結果、黒田日銀総裁会見
米住宅着工件数(5月)
EU財務相理事会
ダラス連銀総裁、講演

18日(日)
仏国民議会下院選挙決選投票

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , , , , ,