Tag Archive マリオ・ドラギECB総裁

8月25日(金曜) 本日の相場見通し~イエレン議長、ドラギ総裁講演を傾聴しましょう!

 

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
1年を通じて持った尾も重要なイベントが今日のメーンとなります。まず普通ののから書きますが、ファンダメンタル情報は日本・消費者物価指数(CPI)、独・GDP(改定値)、Ifo景況感指数、米・耐久財受注がでてます。ファンダメンタルを確認できます。しかし、今日最も重要しなければならないのは、ジャネット・イエレンFRB議長&マリオ・ドラギECB総裁の講演ですから傾聴しましょう

ジャクソンホール・シンポジウムでは、必ずしも金融政策への示唆がある訳ではありません。学術的な論点で講演が行われることも多く、実際にイエレン議長は過去に金融政策に関して述べていません。しかし、今回は少々事情が異なります。金融政策に関して発信する丁度良いタイミングである点が1つ。もう1つは来年初頭に退任するかもしれない中で、この場を大きな仕事をやれる機会になる点です。時間的にバランスシート縮小に関しては明言しても良いでしょう(FOMCまであと4週間)。

金融政策に関して何も言わない可能性がある訳ですが、重要なのは「もしも、金融政策に関して強い示唆」をした場合です。するかも知れないのです!その場合、ジャクソンホール・シンポジウムでの発言は国際公約に匹敵するとも言われていて、マーケットに大きな影響を与えるでしょう。これはマリオ・ドラギECB総裁に関しても言えますし、黒田東彦BOJ総裁に関しても同じです。黒田総裁も来年4月に任期を迎える中、何か仕事をする可能性があります。

<国内>
○08:30  7月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合予想:前年比0.5%)
○08:30  8月東京都区部CPI(生鮮食品を除く総合予想:前年比0.3%)
○08:50  7月企業向けサービス価格指数(予想:前年比0.8%)

<海外>
○15:00  7月独輸入物価指数(予想:前月比横ばい%/前年比2.3%)
○15:00  4-6月期独国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.6%/前年同期比2.1%)
○15:45  8月仏消費者信頼感指数(予想:103)
○17:00  8月独Ifo企業景況感指数(予想:115.5)
○21:30  7月米耐久財受注額(予想:前月比▲6.0%/輸送用機器を除く前月比0.4%)
○23:00  イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、ジャクソンホール会議で講演
○26日04:00  ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、ジャクソンホール会議で講演
○米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)「ダイナミックなグローバル経済を促進する」(26日まで)

Tags, , , , , , , , , ,

6月27日(火曜) 今日の相場見通し~リスク材料が極めて少ない中、要人発言に注目

【参考情報・記事】
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は重要なファンダメンタル情報が並びます。経済指標はS&Pケースシラー住宅価格指数、CB消費者信頼感指数があり、要人発言は米国・ユーロ圏・英国で議長&総裁が発言します。その他要人の発言とダボス会議から伝わってくる発言も値動きに影響するでしょう。いろんな所へアンテナを張っておかなければなりません。ファンダメンタル情報を修正する発言があれば大きな値動き(どちら側にも)もありえます。ですから、よく観察するべきです。トランプ大統領によるヘルスケア法案の進捗も重要視されます。今までに得た情報ですと、共和党から5人の造反がでておりそれで可決に届かない状況だそうです。トランプ絡みの報道で荒れるかも知れません。

相場観はリスク選好が続いています。昨日も円安が続きました。概ね本日もそうでしょう。レパトリエーション(資金還流)への注意は引き続き必要です。リスクになる材料が極めて少ない状況で、それはとても良いのですが、こういう局面こそ新たなリスク材料に脆いもの。そんな相場観です。

<国内>
特になし

<海外>
○07:45  5月ニュージーランド(NZ)貿易収支(予想:4億1900万NZドルの黒字)
○17:00  ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演
○17:05  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
○19:00  カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁、半期金融安定報告書公表後に記者会見
○22:00  4月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比5.9%)
○23:00  6月CB米消費者信頼感指数(予想:116.0)
○23:00  6月米リッチモンド連銀製造業景気指数(予想:6)
○24:00  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
○28日02:00  イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
○28日02:00  米財務省、5年債(340億ドル)入札
夏季ダボス会議(中国・大連、29日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , ,

6月9日(金曜) 今日の相場見通し~リスクイベントを通過し、FOMCへ比重移る

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
大きなイベント通過後の金曜日です。中国・消費者物価指数(CPI)は重要で、英選挙の開票結果も日本時間に判明します。保守党は過半数に届かない情勢だそうです。株式市場ではSQがあります。この辺が片付けば、いよいよFOMC(14日)が表舞台に上がってきます。FRBはすでにブラックアウトに入っています。14日の利上げは既定路線、問題は6月利上げの可否に移りつつあります。この辺の思惑がドル相場にも影響してくるでしょう。

相場観は、リスクイベントを通過したことで少し軽くなってくると予想します。ポンドも巨大な窓を開けましたので過半数割れは織り込み済みです。ただテリーザ・メイ英首相が辞任する可能性(動機)が少しあるので、これには注意です。マーケットからいくつかのリスク材料が排除されたと考える事が出来ます。

<国内>
○08:50  5月マネーストックM2(予想:前年比4.3%)
○13:30  4月第三次産業活動指数(予想:前月比0.5%)

<海外>
○10:30  4月豪住宅ローン件数(予想:前月比▲1.0%)
○10:30  5月中国消費者物価指数(CPI、予想:前年比1.5%)
○10:30  5月中国卸売物価指数(PPI、予想:前年比5.6%)
○15:00  4月独貿易収支(予想:230億ユーロの黒字)
○15:00  4月独経常収支(予想:245億ユーロの黒字)
○15:45  4月仏財政収支
○15:45  4月仏鉱工業生産指数(予想:前月比0.2%)
○17:00  ノボトニー・オーストリア中銀総裁、講演
○17:30  4月英鉱工業生産指数(予想:前月比0.7%)
          製造業生産高(予想:前月比0.8%)
○17:30  4月英貿易収支(予想:120億ポンドの赤字)
○20:00  リムシェービッチ・ラトビア中銀総裁、講演
○21:30  1-3月期カナダ設備稼働率(予想:83.5%)
○21:30  5月カナダ雇用統計(予想:新規雇用者数変化1万5000人/失業率6.6%)
○23:00  4月米卸売在庫(予想:前月比▲0.3%)
○11日 仏下院選第1回投票

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

6月8日(木曜) 今日の相場見通し~今日の勝負は20:45から翌朝にかけて

今夜23時に公聴会で証言するコミー前FBI長官。トランプ大統領との会話内容に注目です。

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。遅くなり申し訳ありません。個人的に所用がございました。
さて、今日はECB政策金利&ドラギ総裁発言、コミー前長官公聴会、英総選挙の3本柱となっています。そのどれにもサプライズの可能性があり、これが波乱要因となっています。ECBは据え置きではあるものの声明で(インフレについて)変化をつけてくる可能性があります。コミー証言は昨夜に原稿が出回っていましたが、実際の質疑応答などで出た言葉が材料になるかもしれません。英総選挙は、議席動向で乱高下でしょう。あの時のショックを皆覚えているので警戒心は強いでしょう。

<国内>
○08:50  4月国際収支速報
                  経常収支(予想:1兆6988億円の黒字)
          貿易収支(予想:4940億円の黒字)
○08:50  1-3月期実質国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.6%/前期比年率2.4%)
○08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
○14:00  5月景気ウオッチャー調査(現状判断指数、予想:48.6)

<海外>
○08:01  5月英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格(予想:20)
○10:30  4月豪貿易収支(予想:20億豪ドルの黒字)
○未定   5月中国貿易収支(予想:3241億元の黒字、478億ドルの黒字)
○14:45  5月スイス失業率(季節調整前、予想:3.1%)
○15:00  4月独鉱工業生産(予想:前月比0.5%)
○15:45  4月仏貿易収支(予想:59億5000万ユーロの赤字)
○15:45  4月仏経常収支
○16:15  5月スイス消費者物価指数(CPI、予想:前月比横ばい)
○18:00  1-3月期ユーロ圏GDP確定値(予想:前期比0.5%/前年比1.7%)
○20:45  欧州中央銀行(ECB)定例理事会、政策金利(予想:政策金利を0.00%で据え置き)
○21:15  5月カナダ住宅着工件数(予想:20万2000件)
○21:30  ドラギECB総裁、定例記者会見
○21:30  4月カナダ新築住宅価格指数(予想:前月比0.2%)
○21:30  前週分の米新規失業保険申請件数(予想:24万件)
○23:00  コミー前米連邦捜査局(FBI)長官の上院公聴会(ワシントン)
○23:30  ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁、記者会見
英総選挙
○米財務省3年、10年、30年債入札条件

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , ,