Tag Archive ファンダメンタル

8月29日(火曜) 本日の相場見通し~北海道沖に弾道ミサイル着弾

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今朝は北朝鮮ミサイルでパニック相場です。ドル/円、クロス円は朝から窓を開けて崩れました。ショックが大きかったものの、何らダメージはありませんから影響は一過性で終わるものと見込まれます。ただ、第2弾発射などへは要警戒です。ドル/円は108円50銭まで一時下落、さらに下押し圧力も残っている為、そろそろ麻生財務相が牽制球(為替介入)を発する頃です。きょうにも聞けるかも知れません。また、機関投資家などはこの辺で買い支える動きを見せている様子。割と下値は固い状況でもあります。バランスシート縮小が確実視される中で、安ければ買う姿勢が見られるという事でしょう。

ファンダメンタル情報は、今日あたりから重要なものが多くなります。日・雇用統計、米・CB消費者信頼感指数、S&Pケースシラー住宅価格指数などファンダメンタルを確認できるデータがでます。明日以降も続きますから、今週の予定をよく確認しながらトレードを進めるべきでしょう。

<国内>
○08:30  7月完全失業率(予想:2.8%)
○08:30  7月有効求人倍率(予想:1.52倍)
○08:30  7月家計調査(消費支出、予想:前年比0.7%)

<海外>
○15:00  8月英ネーションワイド住宅価格指数(予想:前月比横ばい)
○15:00  9月独消費者信頼感指数(Gfk調査、予想:10.8)
○15:45  7月仏消費支出(予想:前月比0.7%)
○15:45  4-6月期仏国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.5%)
○21:30  7月カナダ鉱工業製品価格(予想:前月比▲0.7%)
○21:30  7月カナダ原料価格指数(予想:前月比▲0.3%)
○22:00  6月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比5.6%)
○23:00  8月米CB消費者信頼感指数(予想:120.6)
○30日02:00  米財務省、7年債(280億ドル)入札

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , ,

8月15日(火曜) 本日の相場見通し~「年内もう一度の利上げを支持」

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
まだお盆ですが、徐々に流動性に厚みが加わってきます。RBA議事録、独GDP・速報値、英・CPI、米・輸入物価指数(IPI)、小売売上高あたりが重視されるでしょう。RBAはハト派的な議事録になる為、豪ドルは少し売られるかも知れません。もし利下げを示唆するようなことがあれば急落まであります。最も重視されるのは米・小売売上高です。9月バランスシート縮小や12月利上げへの思惑が揺らぐ中で、強いデータを出すことができればドル高になるでしょう。また、昨夜ダドリーNY連銀総裁がインタビューで「9月のバランスシート縮小は合理的」「年内もう一度の利上げを支持」と述べました。なおFRBは現路線を堅持している事が分かります。次のFOMCの結果を見通しやすくなりました。

その意味で大変重要なファンダメンタル情報が出てきますから、よく観察すべきです。北朝鮮リスクが表面化していますが、恐らくこのまま落ち着くと思われます。北朝鮮は13日にカナダ人牧師を開放しました。少なくとも沈静化の意図があると見るべきでしょう。米国も同盟国の理解を得なければ、攻撃に移れません。ゆえに沈静化します。ドルは短期的に底を打ち復調するのではないでしょうか(もちろん指標が良ければですが)。

<国内>
○13:30  6月鉱工業生産確報

<海外>
○10:30  8月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
○15:00  4-6月期独国内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.7%/前年同期比1.9%)
○16:15  7月スイス生産者輸入価格(予想:前月比横ばい)
○17:30  7月英消費者物価指数(CPI、予想:前月比横ばい/前年比2.7%)
          小売物価指数(RPI、予想:前月比0.1%/前年比3.5%)
○17:30  7月英卸売物価指数(PPI、食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.5%)
○21:30  7月米輸入物価指数(予想:前月比0.1%)
○21:30  8月米ニューヨーク連銀製造業景気指数(予想:10.1)
○21:30  7月米小売売上高(予想:前月比0.3%/自動車を除く前月比0.3%)
○23:00  8月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数(予想:64)
○23:00  6月米企業在庫(予想:前月比0.4%)
○16日05:00  6月対米証券投資動向

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , ,

8月4日(金曜) 本日の相場見通し~21:30に取引が集中する

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は米雇用統計です。発表の21:30までは様子見ムードになるでしょう。同時刻にカナダ雇用統計もあるので間違えないようにしましょう。米雇用統計は、非農業部門雇用者数よりも平均時給・労働参加率をより重視して観察すべきです。いずれにせよ発表のインパクトで相場は動くでしょう。重要なのは予想より良かった・悪かったではありません!雇用統計の結果が9月バランスシート縮小、12月利上げを正当化する内容なのかが重要です。予想との比較しかできないうちは、FXはいつまでも上手くならないでしょう

ファンダメンタル情報

<国内>
○09:00  6月毎月勤労統計(現金給与総額、予想:前年比0.5%)

<海外>
○10:30  豪準備銀行(RBA)、金融政策に関する四半期報告
○10:30  6月豪小売売上高(予想:前月比0.2%)
○15:00  6月独製造業新規受注(予想:前月比0.5%)
○21:30  6月カナダ貿易収支(予想:12億5000万カナダドルの赤字)
○21:30  7月カナダ雇用統計(予想:新規雇用者数変化1万人/失業率6.5%)
○21:30  6月米貿易収支(予想:445億ドルの赤字)
○21:30  7月米雇用統計(予想:非農業部門雇用者数変化18万人/失業率4.3%/平均時給、前月比0.3%)
○23:00  7月カナダIvey購買部協会景気指数(製造業PMI)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , ,

6月13日(火曜) 今日の相場見通し~セッションズ司法長官の証言に注目

セッションズ司法長官

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。更新遅くなりすみませんでした。
今日は英・消費者物価指数(CPI)、独・ZEW景況感、米・生産者物価指数(PPI)が発表されます。セッションズ司法長官の証言も予定されており、波乱要因となるでしょう。現職の司法長官が証言をおこなうのですが、すでに辞意を示していると報道もされ、トランプ大統領とは不和であるとも言われています。本人の意向による証言となるのですが、彼はどんな立場をとるのでしょうか?不透明感もある為、内容によって値動きがありそうです。FOMCへ対する思惑も相場に影響するでしょう。とりあえず明日は利上げであるため、ドルは一定の強さを維持すると考えらえます。

<国内>
○08:50  4-6月期法人企業景気予測調査

<海外>
○10:30  5月豪NAB企業景況感指数
○14:30  1-3月期仏非農業部門雇用者数改定値(予想:前期比0.3%)
○15:00  5月独卸売物価指数(WPI)
○16:10  バイトマン独連銀総裁、講演
○17:30    5月英消費者物価指数(CPI、予想:前月比0.2%/前年比2.7%)
          小売物価指数(RPI、予想:前月比0.3%/前年比3.5%)
○17:30  5月英卸売物価指数(PPI、食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.9%)
○18:00  6月独ZEW景況感指数(予想:21.7)
○18:00  6月ユーロ圏ZEW景況感指数
○21:30  5月米卸売物価指数(PPI、予想:前月比横ばい)
            食品とエネルギーを除くコア指数(予想:前月比0.1%)
○14日02:00  米財務省、30年債(120億ドル)入札
○米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
セッションズ米司法長官、米上院情報委員会で証言(14日3:30頃から)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , , , , , ,