Tag Archive ドル

8月30日(水曜) 本日の相場見通し~ドルは強いデータを受け凄まじい上昇力!

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
久しぶりにドル/円が凄まじい上昇力を見せました!早朝に北朝鮮が北海道沖へミサイル発射をし急落の後、深夜帯に快進撃。CB消費者信頼感指数、S&Pケースシラー住宅価格指数と強いデータに後押しされました。実質的に月末を終え、FOMCを見据えたドル買いが強まった影響と見ることも出来ます。また日本の雇用統計も良い内容でした。昨日も書いた通り、ミサイルの影響は一過性でした

今日はADP雇用者数が注目されます。雇用統計と連動性があるため前座として非常に注目されます(ADP自体が重要な訳ではない)。予想以上のデータであれば雇用統計への期待から、ドルは更に底上げされるでしょう。原油在庫統計(EIA)も今回は特に重視されます。目下、メキシコ湾に巨大ハリケーンがいて原油在庫の増減に注目が集まっています。原油相場が動きやすく、ドルも動きやすいでしょう。ユーロも非常に買われていますが、9/7のECB政策金利でどういった声明が出てくるかで潮目が変わります。

毎日書きますが、トランプ大統領がらみのリスク回避は常に存在します。北朝鮮も9/9が建国記念日ですから、更なるミサイル実験をおこなう公算があります。経済は強く、政情は悪い二面性の相場観が続いています。

<国内>
○08:50  7月商業販売統計速報(小売業販売額、予想:前年比1.0%)
メイ英首相、来日(9月1日まで)

<海外>
○07:45  7月ニュージーランド(NZ)住宅建設許可件数
○10:30  7月豪住宅建設許可件数(予想:前月比▲5.0%)
○15:00  7月南アフリカマネーサプライM3(予想:前年比6.10%)
○16:00  8月スイスKOF景気先行指数(予想:107.0)
○17:30  7月英消費者信用残高(予想:15億ポンド)
○17:30  7月英マネーサプライM4
○18:00  8月ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値、予想:▲1.5)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○21:00  8月独消費者物価指数(CPI)速報値(予想:前月比0.1%)
○21:15  8月ADP全米雇用報告(予想:18万5000人)
○21:30  4-6月期カナダ経常収支(予想:174億カナダドルの赤字)
○21:30  4-6月期米国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比年率2.7%)
○22:15  パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
○23:30  EIA週間在庫統計

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , ,

8月29日(火曜) 本日の相場見通し~北海道沖に弾道ミサイル着弾

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今朝は北朝鮮ミサイルでパニック相場です。ドル/円、クロス円は朝から窓を開けて崩れました。ショックが大きかったものの、何らダメージはありませんから影響は一過性で終わるものと見込まれます。ただ、第2弾発射などへは要警戒です。ドル/円は108円50銭まで一時下落、さらに下押し圧力も残っている為、そろそろ麻生財務相が牽制球(為替介入)を発する頃です。きょうにも聞けるかも知れません。また、機関投資家などはこの辺で買い支える動きを見せている様子。割と下値は固い状況でもあります。バランスシート縮小が確実視される中で、安ければ買う姿勢が見られるという事でしょう。

ファンダメンタル情報は、今日あたりから重要なものが多くなります。日・雇用統計、米・CB消費者信頼感指数、S&Pケースシラー住宅価格指数などファンダメンタルを確認できるデータがでます。明日以降も続きますから、今週の予定をよく確認しながらトレードを進めるべきでしょう。

<国内>
○08:30  7月完全失業率(予想:2.8%)
○08:30  7月有効求人倍率(予想:1.52倍)
○08:30  7月家計調査(消費支出、予想:前年比0.7%)

<海外>
○15:00  8月英ネーションワイド住宅価格指数(予想:前月比横ばい)
○15:00  9月独消費者信頼感指数(Gfk調査、予想:10.8)
○15:45  7月仏消費支出(予想:前月比0.7%)
○15:45  4-6月期仏国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.5%)
○21:30  7月カナダ鉱工業製品価格(予想:前月比▲0.7%)
○21:30  7月カナダ原料価格指数(予想:前月比▲0.3%)
○22:00  6月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比5.6%)
○23:00  8月米CB消費者信頼感指数(予想:120.6)
○30日02:00  米財務省、7年債(280億ドル)入札

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , , , , ,

8月28日(月曜) 本日の相場見通し~トランプを材料にドル買い転化も視野に

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
注目のジャクソンホール・シンポジウムを無風で終え、材料難の月曜日です。相場はこれより9/20のFOMCを見据えた動きになるでしょう。今週発表される最後の関門をクリアできるかが論点になります。バランスシート縮小実施に関する判断材料が今週で整います。ロンドンが休場ですし流動性は低めも、思惑が相場に入り込むでしょう。ちなにみジャネット・イエレンFRB議長講演後にドルが下落しましたが、これは一過性です。金融引締めが後退したのではなく、単に何も言わなかっただけですから。むしろ押し目余地が生まれたと言えるでしょう。

一方でトランプ問題を考慮しなければなりません。問題を多く抱えており、材料が出てくるたびにドルが凹む展開となっています。しかし、先週末にバノン主席戦略官と同調する人物がまた政権を去りました。トランプ政権はより穏健な方向へ向かっており、これまでのトランプリスクが緩和する可能性があります。これまでの凹みを一気に払い戻す展開も想定しなければなりません!もちろん、更なる凹みを起こす可能性を忘れずに…

<国内>
○未定  8月月例経済報告

<海外>
○17:00  7月ユーロ圏マネーサプライM3(予想:前年比4.9%)
○29日00:30  米財務省、2年債(260億ドル)入札
○29日02:00  米財務省、5年債(340億ドル)入札
英国(サマーバンクホリデー)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , ,

8月7日(月曜) 今日の相場見通し~材料難とポジション調整と…

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は材料が少ない月曜日です。先週の雇用統計を織り込む動きもあり、いったんポジションを利食いする動きもある。全体の動きが一致しにくい相場観になりそうです。ファンダメンタル情報も重要なものは少なく、米要人発言、OPEC専門家会合、米企業決算が注目されるくらいです。米決算は消費系企業が多く、米国のファンダメンタルを測定できるでしょう。株価・原油の値動きに影響されやすくなります。

<国内>
○08:50  7月外貨準備高
○14:00  6月景気動向指数速報値(予想:先行106.2/一致117.2)

<海外>
○15:00  6月独鉱工業生産(予想:前月比0.2%)
○16:15  7月スイス消費者物価指数(CPI、予想:前月比▲0.3%)
○23:45  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
○8日02:25  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
○8日04:00  6月米消費者信用残高(予想:155億ドル)
石油輸出国機構(OPEC)と非加盟の主要参加国が専門家会合(アブダビ、8日まで)
カナダ(市民の日)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

〔米決算〕※数字は1株当たりの利益予測
マリオット(1.020)
CBS(0.955)
タイソン・フーズ(1.188)

Tags, , , , , , , , ,