8月16日(水曜) 本日の相場見通し~極めて強かった小売売上高によりドルは修正局面へ

8月16日(水曜) 本日の相場見通し~極めて強かった小売売上高によりドルは修正局面へ

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
大変強かった小売売上高、北朝鮮リスク後退などによりドル/円は火を噴きました(1円上昇)。一昨日にダドリーNY連銀総裁が述べた内容を裏づけ、FRBの金融政策を後押ししたと判断されたためです。ドル/円はまだ上がる余地が残っていると考えられます。あと2円くらい買われると私は考えています。昨夜カプラン・ダラス連銀総裁も「FRBはすぐにバランスシートの縮小を開始するべき」と述べています。「すぐに」とは9月FOMCを指しているのでしょう。

今日、最も注目はFOMC議事録です!当日声明では「バランスシート縮小は比較的近い時期に開始」「インフレ率弱いが雇用は強い」とありました。もっと具体的、新しい発言があれば相場になるでしょう。9月実施の確実性が増すたびにドルは底上げされるので、その確認ができます。ユーロ圏も良いデータになれば出口戦略が前進する思惑からユーロが買われるので注目です!北朝鮮リスクは減衰しつつありますが、いつ再着火するか分かりません。ロシアゲート問題とともに常に警戒です。

<国内>
特になし

<海外>
○17:30  7月英失業率、失業保険申請件数(予想なし)
○17:30  4-6月英失業率(ILO方式、予想:4.5%)
○18:00  4-6月期ユーロ圏域内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.6%/前年比2.1%)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○20:00  6月南アフリカ小売売上高(予想:前年同月比2.3%)
○21:30  6月対カナダ証券投資
○21:30  7月米住宅着工件数(予想:122万件、前月比0.4%)
          建設許可件数(予想:125万件、前月比▲2.0%)
○23:30  EIA週間在庫統計
○17日03:00  米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(7月25-26日分)
○北米自由貿易協定(NAFTA)再交渉の第1回会合(ワシントン、20日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。

Tags, , , , , , , , ,

8月15日(火曜) 本日の相場見通し~「年内もう一度の利上げを支持」

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
まだお盆ですが、徐々に流動性に厚みが加わってきます。RBA議事録、独GDP・速報値、英・CPI、米・輸入物価指数(IPI)、小売売上高あたりが重視されるでしょう。RBAはハト派的な議事録になる為、豪ドルは少し売られるかも知れません。もし利下げを示唆するようなことがあれば急落まであります。最も重視されるのは米・小売売上高です。9月バランスシート縮小や12月利上げへの思惑が揺らぐ中で、強いデータを出すことができればドル高になるでしょう。また、昨夜ダドリーNY連銀総裁がインタビューで「9月のバランスシート縮小は合理的」「年内もう一度の利上げを支持」と述べました。なおFRBは現路線を堅持している事が分かります。次のFOMCの結果を見通しやすくなりました。

その意味で大変重要なファンダメンタル情報が出てきますから、よく観察すべきです。北朝鮮リスクが表面化していますが、恐らくこのまま落ち着くと思われます。北朝鮮は13日にカナダ人牧師を開放しました。少なくとも沈静化の意図があると見るべきでしょう。米国も同盟国の理解を得なければ、攻撃に移れません。ゆえに沈静化します。ドルは短期的に底を打ち復調するのではないでしょうか(もちろん指標が良ければですが)。

<国内>
○13:30  6月鉱工業生産確報

<海外>
○10:30  8月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
○15:00  4-6月期独国内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.7%/前年同期比1.9%)
○16:15  7月スイス生産者輸入価格(予想:前月比横ばい)
○17:30  7月英消費者物価指数(CPI、予想:前月比横ばい/前年比2.7%)
          小売物価指数(RPI、予想:前月比0.1%/前年比3.5%)
○17:30  7月英卸売物価指数(PPI、食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.5%)
○21:30  7月米輸入物価指数(予想:前月比0.1%)
○21:30  8月米ニューヨーク連銀製造業景気指数(予想:10.1)
○21:30  7月米小売売上高(予想:前月比0.3%/自動車を除く前月比0.3%)
○23:00  8月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数(予想:64)
○23:00  6月米企業在庫(予想:前月比0.4%)
○16日05:00  6月対米証券投資動向

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , ,

8月11日(金曜) 本日の相場見通し~今夜の相場

今日は日本が祭日という事でこの時間の更新です。予定だけ載せました。相場については別個記事にを書いて参ります!

<国内>
山の日の祝日で休場

<海外>
○08:30  ロウ豪準備銀行(RBA)総裁、豪下院委員会に出席
○09:00  4-6月期シンガポール国内総生産(GDP)確定値(予想:前期比年率0.5%)
○15:00  7月独卸売物価指数(WPI)
○15:00  7月独消費者物価指数(CPI)改定値(予想:前月比0.4%)
○15:45  7月仏CPI改定値(予想:前月比▲0.3%)
○15:45  4-6月期仏非農業部門雇用者数速報値(予想:前期比0.4%)
○17:30  4-6月期香港GDP(予想:前期比0.6%)
○21:30  7月米CPI(予想:前月比0.2%)
            エネルギーと食品を除くコア指数(予想:前月比0.2%)
○22:40  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
○12日00:30 カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

8月10日(木曜) 本日の相場見通し~RBNZは今回で総裁が交代

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
早朝のRBNZ政策金利は予想通り据え置きでした。ウィーラーRBNZ総裁は今回を持って退任いたします。総裁が交代することで金融政策に変更が起こる可能性を今後は考えなければなりません。他には米・生産者物価指数(PPI)、新規失業保険申請件数辺りが重要視されます。欧米の夏季休暇、日本は明日からお盆休みで、世界的に祭日です。流動性の低い相場が続くでしょう。北朝鮮問題、トランプ問題などより頭の重い展開が今日も残ります。また逆に休暇を抜ければすぐにジャクソンホール・シンポジウムがあり、9月のFOMCも意識されます。先駆けでドル買いするトレーダーも出てきそうです。

<国内>
○08:50 ◇ 対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
○08:50 ◎ 6月機械受注(予想:船舶・電力除く民需 前月比3.6%)
○08:50 ◇ 7月企業物価指数(予想:前月比0.2%/前年比2.3%)
○13:30 ◇ 6月第三次産業活動指数(予想:前月比0.2%)

<海外>
○07:00  ウィーラー・ニュージーランド準備銀行(RBNZ)総裁、記者会見
○08:01  7月英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格(予想:9)
○15:45  6月仏鉱工業生産指数(予想:前月比▲0.6%)
○17:30  6月英鉱工業生産指数(予想:前月比0.1%)
         製造業生産高(予想:前月比横ばい)
○17:30  6月英貿易収支(予想:110億ポンドの赤字)
○21:30  6月カナダ新築住宅価格指数(予想:前月比0.5%)
○21:30  前週分の米新規失業保険申請件数(予想:24万件)
○21:30  7月米卸売物価指数(PPI、予想:前月比0.1%)
            食品とエネルギーを除くコア指数(予想:前月比0.2%)
○23:00  ダドリー米ニューヨーク連銀総裁、講演
○11日02:00  米財務省、30年債(150億ドル)入札
○11日03:00  7月米月次財政収支(予想:520億ドルの赤字)
○11日03:00  メキシコ中銀、政策金利発表(予想:7.00%で据え置き)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス