今週の相場&論点~9月バランスシート縮小の行方は今週決まる

今週の相場&論点~9月バランスシート縮小の行方は今週決まる

今週の相場観&論点

今週の論点は、米・雇用統計、ISM製造業景気指数、PCEコアデフレータと、FRBが金融政策を決める最重要情報がまとまって出てきます。9/20のバランスシート縮小はほぼ決定事項ですが、最後の確認作業を今週行います。瓦解するような悪材料にならなければ、実施するでしょう。9月の相場はこの週から始まります。良いデータであればドルが持ち直す展開を想定できます。状況から考え、すこしドルは売られ過ぎと考えるべきでしょう。他にもいくつか重要データがあります。

経済指標の問題はそれでよいのですが、問題はトランプ大統領の動向です。投資する私たちにとって最も大きなリスクは【ツイッター砲】です。これには私も煮え湯を飲まされています。一過性の情報なのですが、相場を大きく動かす効果があり、かつ突然材料になるので手が負えません。白人差別、ロシアゲート、北朝鮮リスク、政権への不信任、メキシコの壁、債務上限とリスク要因を多彩に抱えています。発言や報道にも目配りをしなければなりません。その意味で、トレードの難易度は高い日々が続きます。

 

今週のファンダメンタル情報

28日(月)
独仏西伊首脳会談(パリ)
英国市場はサマー・バンク・ホリデー祝日で休場

29日(火)
日本雇用統計(7月)
米消費者信頼感指数(8月)
米S&Pケースシラー住宅価格指数(6月)

30日(水)
米ADP雇用者数(8月)
米GDP改定値(第2四半期)
パウエルFRB理事、講演
メイ英首相、来日(1日まで)

31日(木)
中国製造業PMI(8月)
独雇用統計(8月)
ユーロ圏消費者物価指数(8月)
米個人消費支出、PCEコアデフレータ(7月)
米中古住宅販売制約指数(8月)
米新規失業保険申請件数(26日までの週)

1日(金)
中国財新製造業PMI(8月)
米雇用統計(8月)
米自動車販売(8月)
米ISM製造業景況指数(8月)

8月25日(金曜) 本日の相場見通し~イエレン議長、ドラギ総裁講演を傾聴しましょう!

 

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
1年を通じて持った尾も重要なイベントが今日のメーンとなります。まず普通ののから書きますが、ファンダメンタル情報は日本・消費者物価指数(CPI)、独・GDP(改定値)、Ifo景況感指数、米・耐久財受注がでてます。ファンダメンタルを確認できます。しかし、今日最も重要しなければならないのは、ジャネット・イエレンFRB議長&マリオ・ドラギECB総裁の講演ですから傾聴しましょう

ジャクソンホール・シンポジウムでは、必ずしも金融政策への示唆がある訳ではありません。学術的な論点で講演が行われることも多く、実際にイエレン議長は過去に金融政策に関して述べていません。しかし、今回は少々事情が異なります。金融政策に関して発信する丁度良いタイミングである点が1つ。もう1つは来年初頭に退任するかもしれない中で、この場を大きな仕事をやれる機会になる点です。時間的にバランスシート縮小に関しては明言しても良いでしょう(FOMCまであと4週間)。

金融政策に関して何も言わない可能性がある訳ですが、重要なのは「もしも、金融政策に関して強い示唆」をした場合です。するかも知れないのです!その場合、ジャクソンホール・シンポジウムでの発言は国際公約に匹敵するとも言われていて、マーケットに大きな影響を与えるでしょう。これはマリオ・ドラギECB総裁に関しても言えますし、黒田東彦BOJ総裁に関しても同じです。黒田総裁も来年4月に任期を迎える中、何か仕事をする可能性があります。

<国内>
○08:30  7月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合予想:前年比0.5%)
○08:30  8月東京都区部CPI(生鮮食品を除く総合予想:前年比0.3%)
○08:50  7月企業向けサービス価格指数(予想:前年比0.8%)

<海外>
○15:00  7月独輸入物価指数(予想:前月比横ばい%/前年比2.3%)
○15:00  4-6月期独国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.6%/前年同期比2.1%)
○15:45  8月仏消費者信頼感指数(予想:103)
○17:00  8月独Ifo企業景況感指数(予想:115.5)
○21:30  7月米耐久財受注額(予想:前月比▲6.0%/輸送用機器を除く前月比0.4%)
○23:00  イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、ジャクソンホール会議で講演
○26日04:00  ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、ジャクソンホール会議で講演
○米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)「ダイナミックなグローバル経済を促進する」(26日まで)

Tags, , , , , , , , , ,

8月24日(木曜) 本日の相場見通し~トランプ騒動の中、ジャクソンホール・シンポジウムが始まる

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
良くも悪くもトランプ政権に振り回されています。昨日も、ややよい雰囲気になった時に「メキシコの壁」「債務上限問題」を引き出して相場を崩していました。情緒不安定なうえ、材料に困らないほど多くのネタを持っている為、収まりきれません。今日は年間通じた大イベントである『ジャクソンホール・シンポジウム』が始まります。イエレン議長、ドラギ総裁の講演は明日予定されています。とはいえ、報道などを材料に値動きは今日もあるでしょう。ぜひポジティヴな結果発信があって欲しいものです。経済指標は、米・中古住宅販売件数が重要となります。経済指標に関して言えば来週に重要なイベントが多くあり、それを待つ形になります。今月は主要ヘッジファンドが四半期決算ですからレパトリが強くなります。

<国内>
○08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
○14:00  6月景気動向指数改定値

<海外>
○07:45  7月ニュージーランド(NZ)貿易収支(予想:2億NZドルの赤字)
○15:45  8月仏企業景況感指数(予想:108)
○16:15  4-6月期スイス鉱工業生産指数
○17:30  4-6月期英国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.3%/前年比1.7%)
○21:30  前週分の米新規失業保険申請件数(予想:23万8000件)
○23:00  7月米中古住宅販売件数(予想:前月比0.5%/年率換算555万件)
○25日02:00  ビスコ・イタリア中銀総裁、講演
○米財務省2年、5年、7年債入札条件
米カンザスシティー連銀主催の経済シンポジウム(ジャクソンホール会議)「ダイナミックなグローバル経済を促進する」(26日まで)

8月23日(水曜) 本日の相場見通し~110円に敷かれた防御を崩せるか?

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
良くも悪くもトランプ政権に振り回されています。昨日は、ムニューシン米財務長官やコーンNEC委員長が推し進める減税政策への期待感が相場を押し上げました。北朝鮮リスクもやや後退しました。また25日からのジャクソンホール・シンポジウムへの期待感もあるようです。ドル/円は109.70あたりで、110円を突破するホームポジションにつけました。トランプ大統領次第だと思います。現在、110円近辺に売りポジが厚くあるようですが、それを崩せるでしょうか?攻防戦になります。

ファンダメンタル情報は、ユーロ圏から重要なものが続きます。マリオ・ドラギECB総裁講演、独・製造業PMI、ユーロ圏・消費者信頼感は非常に重要です。ECBが出口戦略にいつ出るのか?それがユーロ相場のポイントとなっており、もしかするとインパクトある発言が聞けるかも知れません。そうしたらユーロ圏は大相場になります!逆に期待外れで急落する可能性も十分にあります。その辺を確認できるでしょう。米国からは住宅指標と原油統計がでてきます。

<国内>
特になし

<海外>
○14:00  7月シンガポール消費者物価指数(CPI、予想:前年比0.7%)
○16:00  8月仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(予想:54.5)
○16:00  8月仏サービス部門PMI速報値(予想:55.8)
○16:00  ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演
○16:30  8月独製造業PMI速報値(予想:57.6)
○16:30  8月独サービス部門PMI速報値(予想:53.3)
○17:00  8月ユーロ圏製造業PMI速報値(予想:56.3)
○17:00  8月ユーロ圏サービス部門PMI速報値(予想:55.4)
○17:00  7月南アフリカCPI(予想:前月比0.3%/前年比4.7%)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○22:05  カプラン米ダラス連銀総裁、講演
○23:00  7月米新築住宅販売件数(予想:前月比横ばい/61万件)
○23:00  8月ユーロ圏消費者信頼感指数(速報値、予想:▲1.8)
○23:30  EIA週間在庫統計

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

Tags, , , , , , , , , , , ,