理論・手法

Category Archive 理論・手法

【投資知】 日本の景気とインフレ率の関係について

なぜ、景気が良くなってもインフレ率が改善しないのか?

2017年7月のBOJ政策金利(日銀)でも話し合われるそうですが、日本の景気が良くなっているのに、インフレ率(CPI)が上昇しない不自然について様々な議論があります。原因は特定されていません。もしかすると未知の経済効果(解明すればノーベル経済学賞)があるのかも知れませんし…

しかし、現在分かっている中で最も主因と考えられるのが、調査サンプルと現状とのミスマッチではないか?という物です。確かに、景気改善の割に賃金は上がっていないでしょう。バブルの頃のように経費を湯水のごとく使う暴挙も見られません。大卒の初任給も低い水準のままですし、人件費に関して企業サイドはシビアなのです。とはいえ、失業率は逼迫するほど改善し人を奪い合いするほどになっても人件費が上がらない。これがインフレ率(CPI)が改善しない理由と考えられます。インフレ率を+2%(前年比)を目標としている日本銀行にとって、この不自然は看過できないものなのです。

インフレ率が上昇する最大要因は賃金(人件費)です。賃金が増え⇒可処分所得が増え⇒需要が増え⇒値段が上がる(インフレ)ものです。購買意欲が増せば、値下げしなくともモノは売れます。賃金はインフレ率を考える重要な論点であります。これはジャネット・イエレンFRB議長も同じことを言い、雇用回復&賃金改善するまで利上げしようとしませんでした。

日本の消費者物価指数(CPI)を算出する調査サンプルそのものがオカシイ?

この可能性は前から日本銀行から出ていました。日本では総務省が算出を担当しています。以前から、高齢者の組み入れ率が異様に高いとの指摘はありました。私もかなり昔から知っています。すると、上記図にある通り再雇用によって給料を大幅カットされた人々のデータが無題に多く含まれる可能性が出てくるでしょう。定年後の再雇用で給料を30%カットするのが相場だそうです。企業にとって美味しいルールですね。30%もカットされた高齢労働者の消費性向はどうなると思いますか?積極的に買い物に走りますか?老後不安を抱え、給料が減ったら防御心理が働いて当然です。総務省の経済指標は、彼らの比率を多く含んでいます。

ですから、日本の実情に合った正確なインフレ率が求められていないと考える事ができます。日銀は金融政策が誤っているのではなく、評価方法に誤りがあるという立場です(これを責任転嫁と考えるべきかは読者諸氏にお任せいたします)。サンプルの取得方法や、消費者物価指数の算出計算法を改める事で解決可能できるとなります。日銀は独自にCPI(コアコアCPI)を算出し、金融政策の参考にし始めました。

【参考】日銀コアコアCPI (日銀HPへ跳びます)

日本銀行は、この辺を真剣に憂慮(問題視)している様子が見えます。何らかの対策が打たれ、消費者物価指数(CPI)のデータが変化するようなことになれば、ファンダメンタルが修正され、円相場が大変動するでしょう。もし日銀が「CPIは、実際にはもっと高い水準にある」などとコミットしたら、一挙に円高です。その意味で、日本の金融政策も観察が必要です!

【投資知】 私がFXを学んでいた時にとったノート(2)

相場を予想する時、「予想が当たれば勝てる」と大抵は思うものです。よい経済指標がでたから、勝率高いシグナルが出たから相場は上がるだろうと考えます。その戒めとして学んだのが、上記のメモです。『相場を当てる事と、利益を出す事とは似ていて非なるもの』。そのような考えが必要になってきます。

その一例が競馬です。

競馬もレース展開、強さなどを予測して、軸になる馬を決め「レースの予測」を立てます。軸馬(馬券の中心になる馬)から広げて馬券を組み立てます。大雑把にいえばこんな感じなのですが、軸馬やレース展開など予測を当てても馬券を外すことは結構あります。馬券の組み立て(買い方)を誤ったためです。こうした仕組みで競馬をやる人が普通です

私は、こうした予測を『情報資料』と呼びます。重要には違いありませんが、単なる参考資料だと考えます。

つまり常識的なデータ(=普通の意見)を集めて分析し、全体像を把握する作業は、そのまま勝負に出る情報とは言えません!勝負に出るためには、別にもう一皇帝踏むべきだろうと考えます。それが『相場を当てる事と、利益を出す事とは似ていて非なるもの』という考えになり、相場を当てる作業と勝負して利益を取る作業を区別した手法に行きつきます。

勝つには”ひねり”が必要だ!

FX投資で勝ち抜くことを考えれば、普通の意見でトレードするのは危険という事です。まず『普通のトレーダーは確実に駆逐されます』。普通の事をやって勝ち抜けるほど甘い世界ではありません。あっという間に搾取の対象とされます。自分よりも優れた見知らぬ誰かに自分が狙われていると考えるべきでしょう。出し抜く必要性があるのです!

勝つには「もうひと捻り(ひねり)」しなければなりません。

馬券の組み方を合理的にすると勝率があがります。馬券を当てるため買うのではなく、勝つ事を考えて組み直すべきなのです。この感覚の違いを持てれば、FXでも長生きできると私の経験も踏まえて思います。FXでも同じですが、当てようとすると必然的に防御心理が働きます。この防御心理は人間の本性ですから、自分でも受け入れやすいものです。しかし、防御心理が強すぎるとFXでは勝てません(防御するなとは言っていません)。損する気持ちが強くなり過ぎれば、もう勝ち目は残らないものです。

その辺を克服して、勝ちに徹したポジションの取り方を持つべきでしょう。このノートはそういう事を述べています。普通の人々は、防御心理に流れています。その他大勢から抜け出す条件の1つのでもあるでしょう!

 

他にもノートをいくつか掲載しています。お時間あるときお読みください。ゆっくりですが徐々に記事を増やして参ります。

【link】
【投資知】 私がFXを学んでいた時にとったノート(1)
【投資知】 私がFXを学んでいた時にとったノート(2)…本記事

 

【投資知】 見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする!

 

 

FXは1割の投資家しか勝ち抜けません。よって、FXでトレード手法を選択する時、この事実を踏まえた設定をする必要があります。簡単に勝てるなどと主張する方もいますが、1割に入り込むのは尋常の努力では出来ないのです。では、どうすれば割り込めるでしょうか?

 

周りに対して圧倒的に優位になれる【仕組み】を準備するべきです。仕組みを整えることが必須となるでしょう。
圧倒的優位な仕組みとは、「ロジックを聞いていれば、勝てると皆が思えるシンプルな仕組み」です。ロジックが優れている事が1つ、原理的にシンプルである事がもう1つの条件です。確かに複雑な攻略法もありますが、労力&能力で劣る個人トレーダーではヘッジファンド、投資銀行などに太刀打ちできません。シンプルである事は、重要な論点です。

 

そこで、私が考える優位に立つ為のロジックが【金利差理論】です。キャリーロジックと呼ぶ事もあります。
為替相場は金利の変化に従って値動きします。私がFX投資を始めて10年余、金利に従い確実に値動きが起こりました。しかも、利上げ・利下げが関わると数円単位でチャートは動きます。この動きを読み切ることは比較的容易です。しかも、値動きは確実&大きいため、まとまった利益を狙いやすい利点があります。そして何よりロジックがシンプルです!

金利差理論のベースモデル

 

◉金利差理論の利用で、圧倒的優位に立ったトレードができる

金利の変化を読み解くことで、為替相場が織り込む前にポジションを持ち、十分に利益を育てて決済すれば安定的な利益になります。ここまで理解できれば、仕組みを作るのは簡単です。早く変化に気づく体制を作り、早期にポジションを持つ事をいかに実践するか?そこに特化して組み立ててゆけば良いでしょう。

では、金利の変化を素早く読み解く方法はあるでしょうか?

その方法はあります。それは【金利差を意識したファンダメンタル分析】です。分析ノウハウを整える事でかなり事前の兆候把握が可能ですから、技術で解決できます。それにより金利動向を素早く知ることが出来れば、相場に対して先回りができます。ポイントは『金利差を意識』して分析を行う点で、経済指標を見てトレードするのをファンダメンタル分析とは呼びません!

 

2017年現在、アメリカは利上げの最中です。6月の利上げを終えて政策金利は1.25%になりました。FRBは3.00%程度まで利上げすると述べています(変更の可能性はある)。正しいと仮定すれば、あと2年ほどで7回利上げがあります(0.25%ずつとして)。今後しばらく面白い相場が続くことを意味します。また、アメリカだけの話をしましたが、ユーロ圏にも英国にもニュージーランドにも利上げ予測があります。トレード機会はかなり多くあるでしょう!リーマンショック(2008年)から続く流れとして、良い時期が来ました。

FX投資で圧倒的優位に立つには、合理的な仕組みを持つ事が最重要なのだと私は思います。チャートからいくら確率・勝率を求めても、多くの個人トレーダーは勝ち抜くことは出来ません。食物連鎖の上位者に喰われてしまうからです。BLOGを10年余書いた中で、多くのトレーダーを見てきましたがチャート分析で今でも生き残っている投資家は僅かです(ゼロではないという位です)。それらを踏まえると合理的に戦える仕組みを整え、そのうえで周りより頭に汗をかいて努力を怠らない投資家がFXで勝てるようになるでしょう。

 

金利差理論を用いたFX投資に関連したBLOG記事を用意してあります。基礎から相場分析を学べるノウハウ書(申し訳ないですがこちらは有償です)もあります。ぜひお時間を作って下記BLOG記事もお読みください

〔link〕 【FX】 2017年2月のトレード 決済詳細

〔link〕 【投資知】 私がFXを学んでいた時にとったノート(1)

〔link〕【投資知】 時間を仮想的に2倍に増やして経済的自由を得る

〔link〕【投資知】 合理的に1円以上の利ザヤを確保する戦略

〔link〕 【有償】 基礎から相場分析を学べるノウハウ書(ゼロからファンダメンタル投資)

 

【投資知】 時間を仮想的に2倍に増やして経済的自由を得る

 

今や給料だけで生き残るのは難しい時代となってきました!

ロボットやAIが普及し始めたことで、普通の仕事では働いても給料にならない時代がもうすぐ来ます。少し知恵を絞って生き抜く必要がありそうです。そのために投資に挑戦して豊かな生活を送りたい。資産構築を行いたいと考えている方は多いと思います。経済的自由を築きあげれば人生は安定します。

これについて1つ提案があります。

 

時間の多重利用
仮想時間をFXによる長期投資で生み出す

 

皆、時間は平等に1日24時間与えられています。この時間を仮想的に48時間に増やすというものです。自分が普通に働いている間に、お金が働いてお金を生み出す仕組み(知恵)を持てば良いのではないでしょうか?その手段としてFX投資を利用することができます。

上記図が示すのは、時間の多重利用という考え方です。1日を48時間として使う。今の自分の仕事をつづけながら、給料を増やそうと考えた場合、会社に微増の昇給を求めるより、自分に投資して知恵を使って切り抜けた方がずっと効率的です。時間を多重化して、収入源を多層化する。なるべく若いうちからその準備を進めていくべきでしょう。FX投資はその戦略を用いる有力な手段となります。

その辺について書いて参ります。

 

◉時間の多重化を実践するには?

長期の相場を扱えればチャートを見なくてよくなる!

 

会社員・自営業など仕事を持っている兼業トレーダーの場合、たいていは1週間の中で仕事を休暇とが組み立てられます(本文では生活時間と定義します)。つまり、1週間の中であれば、仕事を持っていても投資に振り向ける時間を持てるという事です。後は”やる気”など意思の問題になります。

兼業トレーダーがFXで勝つ唯一の方法はポジションの中長期保有だけです!つまり、1週間以上ポジションを持って利益を育てるような投資が必要なのです。自分の生活時間を超える長期ポジションを持つ為、チャートから目を離すことが出来るようになります。1日にわずかな時間だけを、FX投資に費やすだけで済むでしょう。株式投資でも使え、かつ人生を根本から変えてしまう戦略です。

 

◉レバレッジとスワップを駆使して利益の最大化する

ここからがFX特有の方法論です。スワップが貰えるようにポジションし、長期で保有すればスワップ収入は安定&高利回りの収入源となります。スワップはトレード益より小さいですが、同じインカムゲインである銀行預金の数十倍~百倍以上の利回りを実現できます。皆、この事実を忘れがちですが、生涯の投資成績を変えるほどの効果を持ちます。スワップ収入は、保有時間とレバレッジを巧みに組み合わせることで威力が増します。当然、時間の多重化とさらに組み合わせられるでしょう。

長期でポジションを持つには、長期の相場予測を立てるスキルが必要です。今の日本にそれが出来る投資家は少ないようです。しかし、それこそ私たちにとって抜け出すチャンスそのものとも言えるのではないでしょうか?相場を長期で考えるにはファンダメンタルの知識が必須です。経済指標の読み方など少しずつ学ぶ事で、その他多数から抜け出すチャンスを得ることが出来るでしょう

 

私たちにとって重要なのは、経済的安定です。給料だけで実現するのが難しい時代に入ってきました。ますますAIやロボットが社会に入り込んでくるため、仕事が奪われていくでしょう。給料が上がりにくくなりそうです。その中で、経済的な自由を享受するには知恵が必要です。その1つの方法として、自分の時間を仮想的に2倍にする考えはありだと思いませんか?