8月31日(木曜) 本日の相場見通し~9/20のFOMCを占うPCEコアデフレータ

参考情報

今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
ドル/円は昨日も強かったです。ADP雇用者数、GDP改定値など良いデータで、FRBによる金融引締めへの裏づけがとれました。あと、今日のPCEコアデフレータと明日の雇用統計、ISM製造業景気指数ですべての材料が整います。トランプ大統領の横やりが無ければ、PCEコアデフレータの結果でドルが値動きするでしょう。3週間後に迫ったFOMCへマーケットの意識が向いています。

本来であれば中国・製造業PMIなども注目材料と書きたいのですが、この経済指標は当局発表で、しかも経済状況を反映していない内容でもあり参考になりません。当局による経済統制の道具である可能性が高く、データを鵜呑みに出来ないのです。シカゴ購買部協会景気指数は明日のISM製造業景気指数の前座なので注目です。ユーロ圏からも重要なファンダメンタル情報がでてきます。月末は発表データが多い傾向があります。

<国内>
○08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)
○08:50  7月鉱工業生産速報(予想:前月比▲0.3%)
○10:30  政井貴子日銀審議委員、あいさつ
○14:00  7月新設住宅着工戸数(予想:前年比▲0.2%)
○19:00  外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)
日英首脳会談

<海外>
○08:01  8月英消費者信頼感指数(Gfk調査、予想:▲13)
○未定    韓国中銀、政策金利発表(予想:1.25%で据え置き)
○10:00  8月NBNZ企業信頼感
○10:00  8月中国製造業購買担当者景気指数(PMI、予想:51.3)
○10:30  4-6月期豪民間設備投資(予想:前期比0.2%)
○15:00  7月独小売売上高指数(予想:前月比▲0.6%)
○15:45  8月仏消費者物価指数(CPI)速報値(予想:前月比0.5%)
○15:45  7月仏卸売物価指数(PPI)
○16:25  サンダース英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
○16:55  8月独雇用統計(予想:失業率5.7%/失業者数変化▲6000人)
○18:00  7月ユーロ圏失業率(予想:9.1%)
○18:00  8月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(予想:前年比1.4%)
○18:30  7月南アフリカPPI(予想:前月比0.2%/前年比3.5%)
○20:30  8月米企業の人員削減数(チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマス社調べ)
○21:00  4-6月期インド国内総生産(GDP、予想:前年同期比6.5%)
○21:00  7月南アフリカ貿易収支(予想:71億ランドの黒字)
○21:30  6月カナダGDP(予想:前月比0.1%)
       4-6月期カナダGDP(予想:前期比年率3.7%)
○21:30  7月米個人消費支出(PCE、予想:前月比0.4%)
           個人所得(予想:前月比0.3%)
           PCEコアデフレータ(予想:前月比0.1%)
○21:30  前週分の米新規失業保険申請件数(予想:23万8000件)
○22:45  8月米シカゴ購買部協会景気指数(予想:58.5)
○23:00  7月米住宅販売保留指数(仮契約住宅販売指数、予想:前月比0.4%)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス