8月30日(水曜) 本日の相場見通し~ドルは強いデータを受け凄まじい上昇力!

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
久しぶりにドル/円が凄まじい上昇力を見せました!早朝に北朝鮮が北海道沖へミサイル発射をし急落の後、深夜帯に快進撃。CB消費者信頼感指数、S&Pケースシラー住宅価格指数と強いデータに後押しされました。実質的に月末を終え、FOMCを見据えたドル買いが強まった影響と見ることも出来ます。また日本の雇用統計も良い内容でした。昨日も書いた通り、ミサイルの影響は一過性でした

今日はADP雇用者数が注目されます。雇用統計と連動性があるため前座として非常に注目されます(ADP自体が重要な訳ではない)。予想以上のデータであれば雇用統計への期待から、ドルは更に底上げされるでしょう。原油在庫統計(EIA)も今回は特に重視されます。目下、メキシコ湾に巨大ハリケーンがいて原油在庫の増減に注目が集まっています。原油相場が動きやすく、ドルも動きやすいでしょう。ユーロも非常に買われていますが、9/7のECB政策金利でどういった声明が出てくるかで潮目が変わります。

毎日書きますが、トランプ大統領がらみのリスク回避は常に存在します。北朝鮮も9/9が建国記念日ですから、更なるミサイル実験をおこなう公算があります。経済は強く、政情は悪い二面性の相場観が続いています。

<国内>
○08:50  7月商業販売統計速報(小売業販売額、予想:前年比1.0%)
メイ英首相、来日(9月1日まで)

<海外>
○07:45  7月ニュージーランド(NZ)住宅建設許可件数
○10:30  7月豪住宅建設許可件数(予想:前月比▲5.0%)
○15:00  7月南アフリカマネーサプライM3(予想:前年比6.10%)
○16:00  8月スイスKOF景気先行指数(予想:107.0)
○17:30  7月英消費者信用残高(予想:15億ポンド)
○17:30  7月英マネーサプライM4
○18:00  8月ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値、予想:▲1.5)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○21:00  8月独消費者物価指数(CPI)速報値(予想:前月比0.1%)
○21:15  8月ADP全米雇用報告(予想:18万5000人)
○21:30  4-6月期カナダ経常収支(予想:174億カナダドルの赤字)
○21:30  4-6月期米国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比年率2.7%)
○22:15  パウエル米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
○23:30  EIA週間在庫統計

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス