8月21日(月曜) 本日の相場見通し~材料難の月曜日は特徴的な相場になりやすい

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
材料難の月曜日です。経済指標などファンダメンタル情報による値動きはほぼ期待できないでしょう。こういう構成の日はポジション調整が主となります。ここまでの買われ過ぎ・売られ過ぎが調節されやすく、材料が少ないほど平準化の作用が働きます。もう1つは、週後半にあるジャクソンホール・シンポジウムへの思惑を織り込む動きが考えられます。恐らく、ジャネット・イエレンFRB議長はこの場でバランスシート縮小に関して言及するでしょう。小動きのまま進むケースと、ちょっとした材料で大荒れになるケースがあります。

難問がトランプ問題でして、先週のバノン戦略官を更迭したのはドル買いです。もし政権の環境改善と見れば良かったと言えるからです。逆に、今まで通りトランプ絡みの報道がリスク回避に作用する可能性もあります。ツイッター砲で暴言炸裂の可能性もあり、少ない確率でトランプ大統領の辞任(たぶんリスク選好)まで常に考えておかなければなりません。リスクによる浮き沈みが激しい時期、為替相場は最も難易度が上がります。今はそういう時期ですから、よく観察してトレードすべきでしょう

<国内>
○13:30  6月全産業活動指数(予想:前月比0.4%)

<海外>
○08:01  8月ライトムーブ英住宅価格
○21:30  6月カナダ卸売売上高(予想:前月比▲0.5%)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス