8月15日(火曜) 本日の相場見通し~「年内もう一度の利上げを支持」

 

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
まだお盆ですが、徐々に流動性に厚みが加わってきます。RBA議事録、独GDP・速報値、英・CPI、米・輸入物価指数(IPI)、小売売上高あたりが重視されるでしょう。RBAはハト派的な議事録になる為、豪ドルは少し売られるかも知れません。もし利下げを示唆するようなことがあれば急落まであります。最も重視されるのは米・小売売上高です。9月バランスシート縮小や12月利上げへの思惑が揺らぐ中で、強いデータを出すことができればドル高になるでしょう。また、昨夜ダドリーNY連銀総裁がインタビューで「9月のバランスシート縮小は合理的」「年内もう一度の利上げを支持」と述べました。なおFRBは現路線を堅持している事が分かります。次のFOMCの結果を見通しやすくなりました。

その意味で大変重要なファンダメンタル情報が出てきますから、よく観察すべきです。北朝鮮リスクが表面化していますが、恐らくこのまま落ち着くと思われます。北朝鮮は13日にカナダ人牧師を開放しました。少なくとも沈静化の意図があると見るべきでしょう。米国も同盟国の理解を得なければ、攻撃に移れません。ゆえに沈静化します。ドルは短期的に底を打ち復調するのではないでしょうか(もちろん指標が良ければですが)。

<国内>
○13:30  6月鉱工業生産確報

<海外>
○10:30  8月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
○15:00  4-6月期独国内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.7%/前年同期比1.9%)
○16:15  7月スイス生産者輸入価格(予想:前月比横ばい)
○17:30  7月英消費者物価指数(CPI、予想:前月比横ばい/前年比2.7%)
          小売物価指数(RPI、予想:前月比0.1%/前年比3.5%)
○17:30  7月英卸売物価指数(PPI、食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.5%)
○21:30  7月米輸入物価指数(予想:前月比0.1%)
○21:30  8月米ニューヨーク連銀製造業景気指数(予想:10.1)
○21:30  7月米小売売上高(予想:前月比0.3%/自動車を除く前月比0.3%)
○23:00  8月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数(予想:64)
○23:00  6月米企業在庫(予想:前月比0.4%)
○16日05:00  6月対米証券投資動向

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス