8月1日(火曜) 本日の相場見通し~経済指標で大きな値動きが発生しやすい相場

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。更新遅くなりました。
今日は重要なファンダメンタル情報が数多くあります。重要なのは青字になっていますが、特に重要なのはRBA政策金利、米PCEコアデフレータ、ISM製造業景気指数の3つです。このうちRBA政策金利は既にでていますが、ファンダメンタルの弱さを強調する内容でした。これはBLOGで何度も書いてきた通りです。夜の米経済指標はFOMCが金融政策を決める資料となります。FRBが言うインフレ率はPCEコアデフレータですから、特によく観察しなければなりません。また深夜24時ごろにはNZ・フォンテラGDT指数も発表予定です。間もなく、お盆休み・ロングバケーション(欧米)が始まるためレパトリエーション(資金還流)も起こりやすくなっています。

相場観は、これらファンダメンタル情報を受けて動き始めるでしょう。ドル相場は大きなトレンドを生み出しそうです。為替相場は、経済の動きによって値動きを起こします。FXをやるなら、この辺をよく観察してトレードすべきでしょう。

<国内>
特になし

<海外>
○10:45  7月Caixin中国製造業購買担当者景気指数(PMI、予想:50.4)
○13:30  豪準備銀行(RBA)政策金利発表(予想:1.50%で据え置き)
○15:00  7月英ネーションワイド住宅価格指数(予想:前月比▲0.1%)
○16:50  7月仏製造業PMI改定値(予想:55.4)
○16:55  7月独製造業PMI改定値(予想:58.3)
○16:55  7月独雇用統計(予想:失業率5.7%/失業者数変化▲5000人)
○17:00  7月ユーロ圏製造業PMI改定値(予想:56.8)
○17:30  7月英製造業PMI(予想:54.5)
○18:00  4-6月期ユーロ圏域内総生産(GDP)速報値(予想:前期比0.6%/前年比2.1%)
○21:30  6月米個人消費支出(PCE、予想:前月比0.1%)
          個人所得(予想:前月比0.4%)
          PCEコアデフレータ(予想:前月比0.1%)
○23:00  7月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数(予想:56.4)
○23:00  6月米建設支出(予想:前月比0.4%)
○2日05:30  アップル第3四半期(4-6月期)決算
スイス(建国記念日)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス