7月3日(月曜) 今日の相場見通し~ファンダメンタル情報が多い一日!

東京都は小池知事が勝ったが、安倍政権が不安定になったことはマーケットにとって不安要素になるだろう。

【参考情報・記事】
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
7月になりました。新しい四半期に入った月はいつもより材料が多くなります。日本・日銀短観、ユーロ圏・失業率、英・製造業PMI、米・ISM製造業景気指数、建設支出が見どころになります。米国は独立記念日で短縮取引なので、深夜帯は流動性が下がる事も注意が必要です。今週は非常に多くの経済指標がでますが、今日はその第一弾。ファンダメンタル情報で値動きしやすいでしょう。相場も金曜の雇用統計まで念頭においてトレードする必要があります。

日曜に行われた東京都都知事選は小池新党が大勝しました。良い事と思えるでしょうが、この選挙の本質は安倍政権の安定性が弱まった点にあります。これまで世界一安定していた安倍政権が瓦解する可能性をマーケットが織り込むでしょう。したがって、為替相場にとって良いニュースとは言えません。相場観は、ファンダメンタル情報を待つ事と都知事選の結果を織り込む動きになるでしょう

<国内>
○08:50  日銀・企業短期経済観測調査(短観、6月調査)
      大企業製造業の業況判断指数(DI、予想:15)
      大企業製造業DI・3月見込み(予想:14)
      大企業全産業設備投資計画(前年度比、予想:7.2%)
○14:00  6月消費動向調査(消費者態度指数 一般世帯、予想:43.9)

<海外>
○10:30  5月豪住宅建設許可件数(予想:前月比▲1.3%)
○10:45  6月Caixin中国製造業購買担当者景気指数(PMI、予想:49.8)
○16:15  5月スイス小売売上高
○16:30  6月スイスSVME購買部協会景気指数(予想:56.3)
○16:50  6月仏製造業PMI改定値(予想:55.0)
○16:55  6月独製造業PMI改定値(予想:59.3)
○17:00  6月ユーロ圏製造業PMI改定値(予想:57.3)
○17:30  6月英製造業PMI(予想:56.3)
○17:30  ブラード米セントルイス連銀総裁、講演
○18:00  5月ユーロ圏失業率(予想:9.3%)
○23:00  6月米サプライマネジメント協会(ISM)製造業景気指数(予想:55.2)
○23:00  5月米建設支出(予想:前月比0.2%)
米債券・米株式市場は短縮取引(独立記念日)
カナダ(建国記念日の振替)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス