7月25日(火曜) 本日の相場見通し~論点が絞られているので、とても分かりやすい相場

バランスシート縮小の発動時期が9月か?に焦点が集まっている。

【参考情報・記事】
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
重要なファンダメンタル情報がいくつは出て、そのうえFOMCが開催されます。独・Ifo景況感指数、米・S&Pケースシラー住宅価格指数、CB消費者信頼感指数はファンダメンタルに変化を与えます。2年債入札は、マーケットの利上げ期待を可視化するデータですので注目されます。バランスシート縮小をどうするのか?これに関する報道があれば値動きになりそうです。昨日の金利相場を観ると、米長期金利は引けにかけて上昇に転じていました。やや期待感を感じます。何れにせよ、9月にバランスシート縮小をやると確信できればドルはドンと上昇します。逆に失速すれば、急落もあり得るでしょう。FOMCまで様子見ムードでしょうが、間違いなくドルが中心の相場に成るでしょう。

他に目立ったリスク要因も無く論点が絞られているので、とても分かりやすい相場に成ります。きちんと確認すれば、利益は得やすい相場です!

<国内>
○08:50  6月15-16日分の日銀金融政策決定会合議事要旨
○17:00  片岡剛士日銀審議委員・鈴木人司日銀審議委員の就任記者会見

<海外>
○13:00  メルシュ欧州中央銀行(ECB)専務理事、シンガポールで講演
○15:00  6月独輸入物価指数(予想:前月比▲0.7%/前年比2.9%)
○15:45  7月仏企業景況感指数(予想:106)
○15:45  6月仏卸売物価指数(PPI)
○17:00  7月独Ifo企業景況感指数(予想:114.9)
○22:00  5月米住宅価格指数(予想:前月比0.5%)
○22:00  5月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比5.8%)
○23:00  7月CB米消費者信頼感指数(予想:116.5)
○23:00  7月米リッチモンド連銀製造業景気指数(予想:7)
○26日02:00  米財務省、2年債(260億ドル)入札
○26日02:00  ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
○米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス。