7月18日(火曜) 本日の相場見通し~多く出てくるファンダメンタル情報

【参考情報・記事】
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
日本が祭日明けで平常に戻ります。今週は金曜が材料難なので実質3日と考えて行動した方が良いでしょう。今日はファンダメンタル情報がズラリと並びます。米国で大物指標は輸入物価指数(IPI)くらいですが、決算もあるため値動きを起こすには十分な材料があります。NZは四半期CPIの他に、フォンテラGDT指数(24:00頃)もでますからNZドルも動くでしょう。NZはどこかのタイミングで利上げに傾くので、インフレ系の指標はよく観察しなければなりません。独・ZEW景況感は景気の見通しを示すものです。ECBが出口戦略打つのが打倒か材料を提供します。トランプ大統領は、ヘルスケア法案の成立に苦慮しています。減税法案も進んでいないためトランプリスクの再燃があるかも知れません。「こいつ駄目だ」とマーケットが考えれば、リスク回避になり訳です。

リスク環境はおおむね良好ですが、良好さは弱まっています。先週金曜日の悪かった米経済指標が重石になり、バランスシート縮小などイケイケで進められると考えなくなりました。やや慎重な進展になりそうです。

<国内>
特になし

<海外>
○07:45  4-6月期ニュージーランド(NZ)消費者物価指数(CPI、予想:前期比0.2%)
○10:30  7月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
○17:30  6月英CPI(予想:前月比0.2%/前年比2.9%)
         小売物価指数(RPI、予想:前月比0.4%/前年比3.6%)
○17:30  6月英卸売物価指数(PPI、食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.8%)
○18:00  7月独ZEW景況感指数(予想:18.0)
○18:00  7月ユーロ圏ZEW景況感指数
○19:45  バンク・オブ・アメリカ(BOA)第2四半期決算
○20:30  ゴールドマン・サックス第2四半期決算
○21:30  6月米輸入物価指数(予想:前月比▲0.2%)
○23:00  7月全米ホームビルダー協会(NAHB)住宅市場指数(予想:67)
○19日05:00  5月対米証券投資動向
○19日05:00  IBM第2四半期決算

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス