7月17日(月曜) 本日の相場見通し~今夜の相場について

こんな時間の更新になってしまったため、簡潔に書かせて頂きます。

今夜の相場は、材料難のため基本的に静かに推移するでしょう。アジア時間も日本が祭日の為に流動性は低めでした。ポジション調整が起きやすい相場観になっています。中国・GDPはよく踏ん張ったという内容で強い結果で、鉱工業生産・小売売上高も強いデータでした。夜は米・NY連銀製造業景況指数が注目されるでしょう。速報性に優れた経済指標で、今後発表される7月対象の先駆けとなります。その意味で重要データとなります。

米国の金融引締め、今週発表されるユーロ圏&日本の金融政策の行方、この辺が相場のメーンテーマになるでしょう。いったん利食いする動きと絡め、展開しそうです。

<国内>
○海の日の祝日で休場

<海外>
○08:01  7月ライトムーブ英住宅価格
○11:00  6月中国鉱工業生産(予想:前年比6.5%)
○11:00  6月中国小売売上高(予想:前年比10.6%)
○11:00  4-6月期中国国内総生産(GDP、予想:前年同期比6.8%)
○18:00  6月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)改定値(予想:前年比1.3%)
○21:30  5月対カナダ証券投資
○21:30  7月米ニューヨーク連銀製造業景気指数(予想:15.0)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス