7月13日(木曜) 今日の相場見通し~イエレン議会証言を受けてファンダメンタル修正進む

【参考情報・記事】
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。更新遅くなりました!
米・生産者物価指数(PPI)、新規失業保険申請件数が今夜のメーンイベントです。イエレン証言は今夜も上院で行われますが、基本は昨日と同じ内容になる為、質疑で新しいニュアンスが出てこない限り相場に成らないでしょう。確認は必要ですが。深夜のブレイナードFRB理事発言も材料になりそうです。朝に発表された中国・貿易収支は強くファンダメンタルの復調が印象づけられ、オセアニア通貨が高騰している理由です。明日、米・消費者物価指数(CPI)、小売売上高と大関級の経済指標があり、さらに注目の決算もいくつかあります(上記linkにある今週の相場&論点をご覧ください)。

今夜の相場観は明日への備えをしつつ進むでしょう。オセアニア通貨は中国ファンダメンタルの上方修正(貿易)を受けて買われますが、他の通貨は重たい値動きです。ドルは明日の材料待ちに加えて、議会証言がハト派だったのが影響しているのでしょう。マーケットは、昨日カナダが利上げしたことで利上げトレンドが進んでいる印象を深めました。これは見逃せません!

<国内>
○08:50  対外対内証券売買契約等の状況(週次・報告機関ベース)

<海外>
○08:01  6月英王立公認不動産鑑定士協会(RICS)住宅価格(予想:15)
○未定   韓国中銀、政策金利発表(予想:1.25%で据え置き)
○未定   6月中国貿易収支(予想:2751億元の黒字、426億ドルの黒字)
○15:00  6月独消費者物価指数(CPI)改定値(予想:前月比0.2%)
○15:45  6月仏CPI改定値(予想:前月比横ばい)
○16:15  6月スイス生産者輸入価格(予想:前月比横ばい)
○21:30  5月カナダ新築住宅価格指数(予想:前月比0.3%)
○21:30  6月米卸売物価指数(PPI、予想:前月比横ばい)
            食品とエネルギーを除くコア指数(予想:前月比0.2%)
○21:30  前週分の米新規失業保険申請件数(予想:24万5000件)
○22:00  コスタ・ポルトガル中銀総裁、講演
○23:00  イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、米上院銀行委員会で証言
○14日02:00  米財務省、30年債(120億ドル)入札
○14日02:00  ブレイナードFRB理事、講演
○14日03:00  6月米月次財政収支(予想:380億ドルの赤字)
○独仏首脳会議(パリ)
○米仏首脳会議(パリ)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス