6月30日(金曜) 今日の相場見通し~材料次第で大きな値動きも!

【参考情報・記事】
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
月末&四半期末&週末の三重奏です。日本は月末に経済指標が集中し雇用統計、消費者物価指数(CPI)、鉱工業生産がでます。中国・製造業PMIも今までは明日発表だったものが、月末発表に最近変わりました。米国はPCEコアデフレータ、個人消費支出、シカゴ購買部協会景気指数と重要データが並び、欧州でも独・雇用統計、ユーロ圏・消費者物価指数(CPI)がでます。つまり、ファンダメンタル情報と四半期末要因に挟まれた一日となるでしょう。今日から来週末まで重要なファンダメンタル情報が集中し、激しくなります。日本では日曜に東京都議会選挙があります。

相場観は、昨夜ドル/円とNZドル/円が崩れました。VIX指数(恐怖指数)も跳ね上がりました。良い方向一辺倒ではなくなりつつあるよです。きっかけがあれば、大崩れもあると今週の記事で書きましたが、もしかするとこの辺から始まるかも知れません。現実として買われ過ぎの状況にあります。とはいえ、重要なのはファンダメンタル情報ですからよく観察すべきでしょう。今日発表で最も重要な経済指標はPCEコアデフレータであることは間違いありません。利上げ思惑に影響をあたえます。

<国内>
○08:30  5月完全失業率(予想:2.8%)
○08:30  5月有効求人倍率(予想:1.48倍)
○08:30  5月家計調査(消費支出、予想:前年比▲0.7%)
○08:30  5月全国消費者物価指数(CPI、生鮮食品を除く総合予想:前年比0.4%)
○08:30  6月東京都区部CPI(生鮮食品を除く総合予想:前年比0.2%)
○08:50  5月鉱工業生産速報(予想:前月比▲3.0%)
○14:00  5月新設住宅着工戸数(予想:前年比▲0.7%)
○19:00  外国為替平衡操作の実施状況(介入実績)

<海外>
○07:45  5月ニュージーランド(NZ)住宅建設許可件数
○08:01  6月英消費者信頼感指数(Gfk調査、予想:▲7)
○10:00  6月中国製造業購買担当者景気指数(PMI、予想:51.0)
○15:00  5月独小売売上高指数(予想:前月比0.3%)
○15:00  5月南アフリカマネーサプライM3(予想:前年比5.60%)
○15:45  6月仏消費者物価指数(CPI)速報値(予想:前月比横ばい)
○15:45  5月仏卸売物価指数(PPI)
○15:45  5月仏消費支出(予想:前月比0.5%)
○16:00  6月スイスKOF景気先行指数(予想:102.5)
○16:55  6月独雇用統計(予想:失業率5.7%/失業者数変化▲1万人)
○17:30  1-3月期英国内総生産(GDP)確定値(予想:前期比0.2%/前年比2.0%)
○17:30  1-3月期英経常収支(予想:169億ポンドの赤字)
○18:00  6月ユーロ圏消費者物価指数(HICP)速報値(予想:前年比1.2%)
○19:30  ラウテンシュレーガー欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
○21:00  5月南アフリカ貿易収支(予想:93億ランドの黒字)
○21:30  5月米個人消費支出(PCE、予想:前月比0.1%)
          個人所得(予想:前月比0.3%)
          PCEコアデフレータ(予想:前月比0.1%)
○21:30  4月カナダGDP(予想:前月比0.2%)
○21:30  5月カナダ鉱工業製品価格(予想:前月比0.4%)
○21:30  5月カナダ原料価格指数(予想:前月比横ばい)
○22:45  6月米シカゴ購買部協会景気指数(予想:58.0)
○23:00  6月米消費者態度指数(ミシガン大調べ、確報値、予想:94.5)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス