6月28日(水曜) 今日の相場見通し~きょうは実質的な四半期末

【参考情報・記事】
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は経済指標がありませんが、要人発言が続きます。ファンダメンタルに修正が入るような言葉が聞かれれば相場になるでしょう。ユーロ圏の出口戦略思惑が進むようならユーロは一層買われるでしょう。マリオ・ドラギECB総裁の昨日の発言はユーロ圏のファンダメンタルを修正するもので、要人発言が材料化する典型例でした。ダボス会議での発言、トランプ政権のヘルスケア法案進捗なども値動きを呼びそうです。トランプ相場、そろそろ来ますよ!

相場観はリスク選好が続くでしょう。しかし、直近のチャートはやや強すぎですから調整がいつ入ってもおかしくありません。少し静かすぎに感じなので、こういう時はマグマが溜まっているとも考えられます。ちょっとした悪材料だけで瓦解する事も考慮しておくべきです。きょうが実質的な四半期末なので、人為的なマネー移動が多いでしょう。

<国内>
特になし

<海外>
○06:30  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
○15:00  5月独輸入物価指数(予想:前月比▲0.6%/前年比4.6%)
○15:00  6月英ネーションワイド住宅価格指数(予想:前月比0.1%)
○15:45  6月仏消費者信頼感指数(予想:103)
○16:30  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
○17:00  5月ユーロ圏マネーサプライM3(予想:前年比5.0%)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○22:30  ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁、カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁、ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、パネルディスカッションに参加
○23:00  5月米住宅販売保留指数(仮契約住宅販売指数、予想:前月比1.0%)
○23:30  EIA週間在庫統計
○29日02:00  米財務省、7年債(280億ドル)入札
○夏季ダボス会議(中国・大連、29日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス