6月27日(火曜) 今日の相場見通し~リスク材料が極めて少ない中、要人発言に注目

【参考情報・記事】
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)
今週の相場&論点
見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は重要なファンダメンタル情報が並びます。経済指標はS&Pケースシラー住宅価格指数、CB消費者信頼感指数があり、要人発言は米国・ユーロ圏・英国で議長&総裁が発言します。その他要人の発言とダボス会議から伝わってくる発言も値動きに影響するでしょう。いろんな所へアンテナを張っておかなければなりません。ファンダメンタル情報を修正する発言があれば大きな値動き(どちら側にも)もありえます。ですから、よく観察するべきです。トランプ大統領によるヘルスケア法案の進捗も重要視されます。今までに得た情報ですと、共和党から5人の造反がでておりそれで可決に届かない状況だそうです。トランプ絡みの報道で荒れるかも知れません。

相場観はリスク選好が続いています。昨日も円安が続きました。概ね本日もそうでしょう。レパトリエーション(資金還流)への注意は引き続き必要です。リスクになる材料が極めて少ない状況で、それはとても良いのですが、こういう局面こそ新たなリスク材料に脆いもの。そんな相場観です。

<国内>
特になし

<海外>
○07:45  5月ニュージーランド(NZ)貿易収支(予想:4億1900万NZドルの黒字)
○17:00  ドラギ欧州中央銀行(ECB)総裁、講演
○17:05  ウィリアムズ米サンフランシスコ連銀総裁、講演
○19:00  カーニー・イングランド銀行(BOE)総裁、半期金融安定報告書公表後に記者会見
○22:00  4月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比5.9%)
○23:00  6月CB米消費者信頼感指数(予想:116.0)
○23:00  6月米リッチモンド連銀製造業景気指数(予想:6)
○24:00  ハーカー米フィラデルフィア連銀総裁、講演
○28日02:00  イエレン米連邦準備理事会(FRB)議長、講演
○28日02:00  米財務省、5年債(340億ドル)入札
夏季ダボス会議(中国・大連、29日まで)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す