6月21日(水曜) 今日の相場見通し~ドル/円が111円割れとなる可能性あり

RBNZの声明でNZドルのトレンドへ変化が起きそうです

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
ファンダメンタル情報はBOJ議事録、米・中古住宅販売件数、原油在庫統計(EIA)、RBNZ政策金利です。特に重要なのはRBNZ政策金利(翌朝)で、据え置きは確実ですが声明で利上げを意識する示唆があるかどうかに意識が集まります。示唆が無ければNZドルが崩れるケースが想定されます(たぶん発表後に値崩れすると私は予想しています)。トランプ大統領は昨夜「北朝鮮問題での中国の取り組みは上手くいっていない」と述べていました。リスクが再燃する可能性があります。

相場観は、月曜の本稿でも書いたことですが、月末近くなるとレパトリエーション(資金還流)が起きます。しかも今月は四半期末&週末が重なる三重式レパトリなので、結構重たいのが来ます。レパトリが起こると、ファンダメンタルの動きとは無関係なチャート形成となる場合が多く、経済指標などを素直に信じてやられるケースも多いですから注意です!今週を通じての注意点になります。金利が意識されるのか?レパトリに意識が向くのか?見極めが重要であります。

<国内>
○08:50  4月26-27日分の日銀金融政策決定会合議事要旨
○13:30  4月全産業活動指数(予想:前月比1.6%)
○15:36  黒田東彦日銀総裁、あいさつ

<海外>
○17:00  5月南アフリカ消費者物価指数(CPI、予想:前月比0.2%/前年比5.4%)
○20:00  MBA住宅ローン申請指数
○20:00  ホールデン英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
○23:00  5月米中古住宅販売件数(予想:前月比▲0.4%/年率換算555万件)
○23:30  EIA週間在庫統計
○22日06:00  ニュージーランド準備銀行(RBNZ)、政策金利(予想:1.75%で据え置き)
○米中外交・安全保障対話(ワシントン)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス