6月13日(火曜) 今日の相場見通し~セッションズ司法長官の証言に注目

セッションズ司法長官

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。更新遅くなりすみませんでした。
今日は英・消費者物価指数(CPI)、独・ZEW景況感、米・生産者物価指数(PPI)が発表されます。セッションズ司法長官の証言も予定されており、波乱要因となるでしょう。現職の司法長官が証言をおこなうのですが、すでに辞意を示していると報道もされ、トランプ大統領とは不和であるとも言われています。本人の意向による証言となるのですが、彼はどんな立場をとるのでしょうか?不透明感もある為、内容によって値動きがありそうです。FOMCへ対する思惑も相場に影響するでしょう。とりあえず明日は利上げであるため、ドルは一定の強さを維持すると考えらえます。

<国内>
○08:50  4-6月期法人企業景気予測調査

<海外>
○10:30  5月豪NAB企業景況感指数
○14:30  1-3月期仏非農業部門雇用者数改定値(予想:前期比0.3%)
○15:00  5月独卸売物価指数(WPI)
○16:10  バイトマン独連銀総裁、講演
○17:30    5月英消費者物価指数(CPI、予想:前月比0.2%/前年比2.7%)
          小売物価指数(RPI、予想:前月比0.3%/前年比3.5%)
○17:30  5月英卸売物価指数(PPI、食品とエネルギーを除くコア指数、予想:前年比2.9%)
○18:00  6月独ZEW景況感指数(予想:21.7)
○18:00  6月ユーロ圏ZEW景況感指数
○21:30  5月米卸売物価指数(PPI、予想:前月比横ばい)
            食品とエネルギーを除くコア指数(予想:前月比0.1%)
○14日02:00  米財務省、30年債(120億ドル)入札
○米連邦公開市場委員会(FOMC)1日目
セッションズ米司法長官、米上院情報委員会で証言(14日3:30頃から)

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス