6月12日(月曜) 今日の相場見通し~週明けは仏下院選挙の圧勝劇でリスク選好

マクロン大統領率いる新党は下院で議席の7割を制圧する勢い!

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
経済指標は少なく豪州が祭日です。特にアジア時間は流動性が低めで推移します。週末の仏下院選挙でマクロン大統領新党が大勝したことがリスク選好要因となるでしょう。マーケットもこれほど圧勝するとは思っていなかったでしょうし、欧州時間(日本時間夕方)にユーロ買いが広がるかも知れません。また先週8日のイベントを無事通過したのもリスク選好に作用しそうです。ただし、トランプ大統領の弾劾リスクには十分注意が必要です。

相場観はFOMCを強く意識したものとなりそうです。大きなイベントを通過した事と、リスク材料が激減した事、材料難によりポジション調整が行われやすい点も踏まえて値動きが起こります。強いリスク選好相場に成りそうです。流動性が低く、値が跳びやすい特徴がある1日です。

<国内>
○08:50  4月機械受注(予想:船舶・電力除く民需 前月比0.5%)
○08:50  5月企業物価指数(予想:前月比0.1%/前年比2.2%)

<海外>
○13日00:30  米財務省、3年債(240億ドル)入札
○13日02:00  米財務省、10年債(200億ドル)入札
○13日03:00  5月米月次財政収支(予想:870億ドルの赤字)
オーストラリア(女王誕生日)で休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス