【投資知】 見通しを立てて、圧倒的優位にトレードする!

 

 

FXは1割の投資家しか勝ち抜けません。よって、FXでトレード手法を選択する時、この事実を踏まえた設定をする必要があります。簡単に勝てるなどと主張する方もいますが、1割に入り込むのは尋常の努力では出来ないのです。では、どうすれば割り込めるでしょうか?

 

周りに対して圧倒的に優位になれる【仕組み】を準備するべきです。仕組みを整えることが必須となるでしょう。
圧倒的優位な仕組みとは、「ロジックを聞いていれば、勝てると皆が思えるシンプルな仕組み」です。ロジックが優れている事が1つ、原理的にシンプルである事がもう1つの条件です。確かに複雑な攻略法もありますが、労力&能力で劣る個人トレーダーではヘッジファンド、投資銀行などに太刀打ちできません。シンプルである事は、重要な論点です。

 

そこで、私が考える優位に立つ為のロジックが【金利差理論】です。キャリーロジックと呼ぶ事もあります。
為替相場は金利の変化に従って値動きします。私がFX投資を始めて10年余、金利に従い確実に値動きが起こりました。しかも、利上げ・利下げが関わると数円単位でチャートは動きます。この動きを読み切ることは比較的容易です。しかも、値動きは確実&大きいため、まとまった利益を狙いやすい利点があります。そして何よりロジックがシンプルです!

金利差理論のベースモデル

 

◉金利差理論の利用で、圧倒的優位に立ったトレードができる

金利の変化を読み解くことで、為替相場が織り込む前にポジションを持ち、十分に利益を育てて決済すれば安定的な利益になります。ここまで理解できれば、仕組みを作るのは簡単です。早く変化に気づく体制を作り、早期にポジションを持つ事をいかに実践するか?そこに特化して組み立ててゆけば良いでしょう。

では、金利の変化を素早く読み解く方法はあるでしょうか?

その方法はあります。それは【金利差を意識したファンダメンタル分析】です。分析ノウハウを整える事でかなり事前の兆候把握が可能ですから、技術で解決できます。それにより金利動向を素早く知ることが出来れば、相場に対して先回りができます。ポイントは『金利差を意識』して分析を行う点で、経済指標を見てトレードするのをファンダメンタル分析とは呼びません!

 

2017年現在、アメリカは利上げの最中です。6月の利上げを終えて政策金利は1.25%になりました。FRBは3.00%程度まで利上げすると述べています(変更の可能性はある)。正しいと仮定すれば、あと2年ほどで7回利上げがあります(0.25%ずつとして)。今後しばらく面白い相場が続くことを意味します。また、アメリカだけの話をしましたが、ユーロ圏にも英国にもニュージーランドにも利上げ予測があります。トレード機会はかなり多くあるでしょう!リーマンショック(2008年)から続く流れとして、良い時期が来ました。

FX投資で圧倒的優位に立つには、合理的な仕組みを持つ事が最重要なのだと私は思います。チャートからいくら確率・勝率を求めても、多くの個人トレーダーは勝ち抜くことは出来ません。食物連鎖の上位者に喰われてしまうからです。BLOGを10年余書いた中で、多くのトレーダーを見てきましたがチャート分析で今でも生き残っている投資家は僅かです(ゼロではないという位です)。それらを踏まえると合理的に戦える仕組みを整え、そのうえで周りより頭に汗をかいて努力を怠らない投資家がFXで勝てるようになるでしょう。

 

金利差理論を用いたFX投資に関連したBLOG記事を用意してあります。基礎から相場分析を学べるノウハウ書(申し訳ないですがこちらは有償です)もあります。ぜひお時間を作って下記BLOG記事もお読みください

〔link〕 【FX】 2017年2月のトレード 決済詳細

〔link〕 【投資知】 私がFXを学んでいた時にとったノート(1)

〔link〕【投資知】 時間を仮想的に2倍に増やして経済的自由を得る

〔link〕【投資知】 合理的に1円以上の利ザヤを確保する戦略

〔link〕 【有償】 基礎から相場分析を学べるノウハウ書(ゼロからファンダメンタル投資)