5月4日(木曜) 今日の相場見通し~ドルが買われやすいトレンドに!

【参考記事】
〔link〕2017年 FOMCボードメンバーの顔触れ

参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日は昨夜FOMCの結果を受けての相場になります。現時点において国債への再投資は認められ、インフレ率などへの強い示唆から(6月)利上げの可能性を感じることが出来ました。再投資より先に利上げをやる事も改めて述べています。ドルは買われやすいでしょうが、明日の雇用統計を見てからという向きも当然あります。経済指標は重要なものがそれほど多くありませんが、中銀総裁が3人講演をやります。もし、利上げを匂わせる発言が含まれれば、大きく値動きがあるでしょう。英国で地方議会選挙がありますが、英国情勢にとって1つの指標となりそうです。

日本は今日も休みですから、東京時間の流動性は低くなります。ミセスワタナベが多いので、単純にリスク選好に進むかもしれません。そうなると結構やりやすい相場になっていくでしょう。

<国内>
○みどりの日の祝日で休場

<海外>
○10:30  3月豪貿易収支(予想:32億5000万豪ドルの黒字)
○10:45  4月Caixin中国サービス部門購買担当者景気指数(PMI)
○12:10  ロウ豪準備銀行(RBA)総裁、講演
○14:45  4月スイスSECO消費者信頼感指数(予想:3)
○16:50  4月仏サービス部門PMI改定値(予想:57.7)
○16:55  4月独サービス部門PMI改定値(予想:54.7)
○17:00  4月ユーロ圏サービス部門PMI改定値(予想:56.2)
○17:00  ノルウェー中銀、政策金利発表(予想:0.50%で据え置き)
○17:30  4月英サービス部門PMI(予想:54.5)
○17:30  3月英消費者信用残高(予想:12億ポンド)
○17:30  3月英マネーサプライM4
○18:00  3月ユーロ圏小売売上高(予想:前月比0.1%/前年比2.1%)
○19:30  ラウテンシュレーガー欧州中央銀行(ECB)専務理事、講演
○20:30  プラートECB専務理事、講演
○20:30  4月米企業の人員削減数(チャレンジャー・グレイ・アンド・クリスマス社調べ)
○20:35  メルシュECB専務理事、講演
○21:30  3月カナダ貿易収支(予想:10億カナダドルの赤字)
○21:30  1-3月期米非農業部門労働生産性速報値(予想:前期比▲0.1%)
○21:30  3月米貿易収支(予想:445億ドルの赤字)
○21:30  前週分の米新規失業保険申請件数(予想:24万8000件)
○23:00  3月米製造業新規受注(予想:前月比0.4%)
○5日00:30  ドラギECB総裁、講演
○5日05:25  ポロズ・カナダ銀行(中央銀行、BOC)総裁、講演
○英地方議会選挙

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス