5月30日(火曜) 今日の相場見通し~利上げに向けた三番勝負の一番目!

【参考記事】 誰がタカ派で・誰がハト派か
〔link〕2017年 FOMCボードメンバーの顔触れ

【参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

【相場観】 今週の相場を俯瞰する場合、ここで確認できます。
今週の相場&論点
フォンテラGDT価格指数 (フォンテラ社のHPへ移動します)

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
昨日と一転してファンダメンタル情報が多くでてきます。中国は端午節ですので東京時間の流動性は低めになるでしょう。特に米国から出るPCEコアデフレータ、CB消費者信頼感指数は6月利上げを決める重要資料となります。1日のISM製造業景気指数、2日の雇用統計と三番勝負の一番目です。FRBが掲げるデュアルマンデード(二大責務)の進捗を確認することが出来るでしょう。他に日本・豪州・ドイツから重要指標がでます。昨日、欧州では英国とギリシャで不穏な報道がありました。英国では「合意ないEU離脱の用意ある」とメイ首相が述べ、さらに選挙情勢で保守党は差を詰められ不透明感が増しています。ギリシャでも「債権団との合意なければ支払い拒否」と、危機が再燃しそうな報道がありました。

相場観は、材料待ちが続きます。今日の材料を見てから動き出すでしょう。マーケットの雰囲気は梅雨空みたいです。トランプに今回の欧州の報道もあり、ビットコインの暴落までありました。悪い話にウンザリしていて上値を追おうとしないでしょう。流れを変える材料を必要としています。

<国内>
○08:30  4月完全失業率(予想:2.8%)
○08:30  4月有効求人倍率(予想:1.46倍)
○08:30  4月家計調査(消費支出、予想:前年比▲0.9%)
○08:50  4月商業販売統計速報(小売業販売額、予想:前年比2.3%)
○14:00  日銀算出の4月消費者物価指数(CPI、除く生鮮食品・エネルギー)

<海外>
○07:45  4月ニュージーランド(NZ)住宅建設許可件数
○10:30  4月豪住宅建設許可件数(予想:前月比3.0%)
○15:00  4月独輸入物価指数(予想:前月比0.1%/前年比6.3%)
○15:00  4月南アフリカマネーサプライM3(予想:前年比5.70%)
○15:45  5月仏消費者信頼感指数(予想:101)
○15:45  4月仏消費支出(予想:前月比0.8%)
○15:45  1-3月期仏国内総生産(GDP)改定値(予想:前期比0.3%)
○16:00  5月スイスKOF景気先行指数(予想:105.8)
○18:00  5月ユーロ圏消費者信頼感指数(確定値、予想:▲3.3)
○19:15  リーカネン・フィンランド中銀総裁、講演
○21:00  5月独消費者物価指数(CPI)速報値(予想:前月比▲0.1%)
○21:30  1-3月期カナダ経常収支(予想:120億カナダドルの赤字)
○21:30  4月カナダ鉱工業製品価格
○21:30  4月カナダ原料価格指数
○21:30  4月米個人消費支出(PCE、予想:前月比0.4%)
個人所得(予想:前月比0.4%)
PCEコアデフレータ(予想:前月比0.1%)
○22:00  3月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比5.6%)
○23:00  5月CB米消費者信頼感指数(予想:119.8)
○31日02:00 ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事、講演
中国、香港(端午節)、休場