4月25日(火曜) 今日の相場見通し~良くも悪くもトランプ相場になるだろう

良くも悪くも、ホワイトハウスの決定が相場状況を大きく変化させるでしょう。今はFRBより重要です。

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。更新が遅くなりました。
フランス大統領選挙や経済状況がポジティブですが、北朝鮮の状況は深刻となりいつ有事に転じるかも知れません。今日は北朝鮮軍創建85周年です。さらに、トランプ大統領の減税政策がどうなるのか?財源の整合性も含め観察する必要があるでしょう。議会を通過できる内容かも重要です。その点まで納得いかなければ、リスク回避の材料になるかも知れません。経済指標はいくつは重要なものがあります。CB消費者信頼感指数は乱高下するケースが多いので注意です。相場観は不透明により混乱したものとなるでしょう。むしろ動きがとりにくいと言えます。

<国内>
○08:50  3月企業向けサービス価格指数(予想:前年比0.7%)
北朝鮮問題に関する日米韓3カ国首席代表会合(東京)

<海外>
○15:45  4月仏企業景況感指数(予想:104)
○22:00  2月米住宅価格指数(予想:前月比0.4%)
○22:00  2月米ケース・シラー住宅価格指数(予想:前年比5.8%)
○23:00  3月米新築住宅販売件数(予想:前月比▲1.4%/58万4000件)
○23:00  4月米CB者信頼感指数(予想:122.5)
○23:00  4月米リッチモンド連銀製造業景気指数(予想:16)
○26日02:00  米財務省、2年債(260億ドル)入札
○オーストラリア、ニュージーランド(アンザックデー)、休場

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

【参考記事】
〔link〕2017年 FOMCボードメンバーの顔触れ

参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート