4月21日(金曜) 今日の相場見通し~仏大統領選は混戦。週末へレパトリ

AD

中道派のマクロン氏が優勢ですが、極右・極左・保守の両候補も高支持率を保ち混戦。上位4名が3㌽程度の僅差で接戦になっています。

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
昨日はややリスク選好になっています。世界経済へ楽観的見通しが広がり、欧州政局への期待感が広がっている為でしょう。ただ、今日は週末を控える中でレパトリエーション(資金還流)が起こりそうです。取引を解消し、週末のイベントへ備える為です。北朝鮮と米国の動きも重要ですし、GWを控えたマネーの動きもあるでしょう。G20財務相・中央銀行総裁会議の議長声明も注目されます。

相場観は、リスク選好・レパトリ・リスク要因の3つが絡む展開になるでしょう。昨日の流れを引き継ぐものの、トランプ大統領・北朝鮮がらみの動きがあればリスク回避に転じます。レパトリは基本的にドル/円Longに作用しそうです。GW中の決済用ドルを手当てしなければなりません。直近のドル高の要因にもなっています。北朝鮮の紛争リスクは日を追うごとに高まっていますから、この点には警戒しなければなりません!

<国内>
○13:30 ◇ 2月第三次産業活動指数(予想:前月比0.3%)

<海外>
○16:00  4月仏製造業購買担当者景気指数(PMI)速報値(予想:53.1)
○16:00  4月仏サービス部門PMI速報値(予想:57.0)
○16:30  4月独製造業PMI速報値(予想:58.0)
○16:30  4月独サービス部門PMI速報値(予想:55.5)
○17:00  4月ユーロ圏製造業PMI速報値(予想:56.0)
○17:00  4月ユーロ圏サービス部門PMI速報値(予想:55.9)
○17:00  2月ユーロ圏経常収支(季節調整済み)
○17:30  3月英小売売上高指数(自動車燃料含む、予想:前月比▲0.5%/前年比3.3%)
○17:30  3月香港消費者物価指数(CPI、予想:前年同月比0.5%)
○20:45  サンダース英中銀金融政策委員会(MPC)委員、講演
○~21:30  ゼネラル・エレクトリック(GE)第1四半期決算
○21:30  3月カナダCPI(予想:前月比0.4%/前年比1.8%)
○22:30  カシュカリ米ミネアポリス連銀総裁、講演
○23:00  3月米中古住宅販売件数(予想:前月比2.2%/年率換算560万件)
○ブラジル(チラデンテスの日)、休場
20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議(ワシントン、最終日)
国際通貨基金(IMF)・世界銀行春季会合(ワシントン、23日まで)
23日(日曜) フランス大統領選第1回投票

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

【参考記事】
〔link〕2017年 FOMCボードメンバーの顔触れ

参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

 

AD