4月18日(火曜) 今日の相場見通し~米国からファンダメンタル情報多数

AD




FRBが発表する設備稼働率は、重要データです。80%を超えると工場はフル稼働と判断され、利上げが意識されます。

◎今日の相場観&見どころ

おはようございます、蝦夷守です。
今日より世界のマーケットが平常運転です。相場観は、ややリスクが緩んでいてVIX指数も昨日はかなり改善しました(指数自体はかなりリスクが高い)。ただ本格的に切り返すような材料はありません。引き続き北朝鮮がリスクの中心にあります。トランプ発言、ツイッター砲にも注意ですし、新たな報道などで乱高下もありますから、観察を怠ってはいけません。

ファンダメンタル情報は豪・RBA議事録、米・住宅建設許可件数、設備稼働率、日米経済対話が注目されます。米決算も良ければドル買いに作用するでしょう。金融系の決算は注目です。設備稼働率は地味ですが、FRBが利上げを決めるうえで重視しているデータです。住宅着工件数、住宅建設許可件数は米消費の強さを確認できます。

<国内>
日米経済対話(東京、19日まで)

<海外>
○10:30  4月豪準備銀行(RBA)理事会議事要旨
○19:45  バンク・オブ・アメリカ(BOA)第1四半期決算
○20:30  ゴールドマン・サックス第1四半期決算
○21:30  2月対カナダ証券投資
○21:30  3月米住宅着工件数(予想:125万件、前月比▲3.0%)
          建設許可件数(予想:125万件、前月比2.8%)
○22:00  ジョージ米カンザスシティー連銀総裁、講演
○22:15  3月米鉱工業生産指数(予想:前月比0.4%)
         設備稼働率(予想:76.2%)
○19日05:00  IBM第1四半期決算

※「予想」は特に記載のない限り市場予想平均を表す。▲はマイナス

【参考記事】
〔link〕2017年 FOMCボードメンバーの顔触れ

参考チャート】 為替相場に影響を与えるデータですので、時折確認することをお勧めいたします。
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

 

AD