今週の相場&論点~RBA政策金利、日米首脳会談など

■今週の相場観

今週は政治的な思惑も相場へ影響を与えていくでしょう。先週もそうでしたが、トランプ大統領のツイッター砲が火を噴きました。意に反する裁判所の判事を猛烈に攻撃!リスク回避の要因となっていました。2/10には安倍首相との会談があり注目されます。経済指標はRBA政策金利、日・貿易収支、中・貿易収支が注目されます。豪州は、利下げの可能性が少し強まりましたので声明に注目です。米国は、「3月利上げ」を意識した要人発言があります。発言内容で右往左往するので、乱高下しそうです。

先週と比して材料が少なくなり、やや落ち着きやすいのだ第2週です。ツイッター砲に注意しながら、慎重に進まねばなりません。短期筋のトレーダーは特に難しいでしょう。ポジションを取った時にやられると、効率よく稼ぐことが出来ませんから

6日(月)
豪小売売上高(12月)
フィラデルフィア連銀総裁、講演

7日(火)
豪中銀政策金利
中国財新サービス業PMI(1月)

8日(水)
日銀主な意見(1月30-31日分)
日本国際収支(12月)

9日(木)
中曽日銀総裁、あいさつ
米新規失業保険申請件数(4日までの週)
シカゴ連銀総裁、講演
セントルイス連銀総裁、講演

10日(金)
中国貿易統計(1月)
日米首脳会談

11日(土)
フィッシャーFRB副議長、講演

12日(日)
独大統領選出