1月30日(月曜) 今日の為替相場~ドルの総崩れに注意しながらの相場

1月30日(月曜) 今日の為替相場~ドルの総崩れに注意しながらの相場

【お知らせ】
1月24日より、ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1)をローンチカスタマー(早割)致します。一気に投資スキルが伸びるよう配慮してあります。宜しかったら、下記linkを覗いてください。ローンチカスタマーは2月13日まで。

ゼロからファンダメンタル投資(mod3.1)

参考チャート
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

トピックス
・上記で原油相場&長期金利&為替相場のチャート確認できるようにしました。
・トランプ大統領の諸政策が相場へ影響を与えます。
・英国のEU単一市場からの撤退がリスク回避要因になりそうです。
・次回FOMCは2/1です。今回利上げは予想されていません!
・新興国(中国含む)から資金流出が続き、リスク要因になっています。
・BOJ政策金利(日銀)は1/31、RBA政策金利は2/7、BOE政策金利は2/2。
・春節(中国)は1/27~2/2まで7連休でレパトリに注意です。

◎FX 見所&相場観

おはようございます、蝦夷守です。
今週は大変材料が多く、今日も重要なファンダメンタル情報が出来てきます。米・PCEコアデフレータはFOMC(3月)に影響してきます。インフレ率、消費の強さを確認できます!先週のGDP速報が悪かったのもドルには重石になるでしょう。かなりドルが値崩れする可能性があります。先週はGDPの悪さが織り込まれていないので、1円単位の総崩れに注意しましょう

相場観はFOMCや雇用統計が控えている為、材料待ち状態になりますが、それまではリスク回避的な状況が続くと予想されます。PCEコアデフレータの結果によって値動きに変化が出てくるでしょう。また中国が春節で休暇中なので流動性も低めであります。

【スイス】
KOF先行指数(1月)17:00
予想 N/A 前回 102.2

【ユーロ圏】
ユーロ圏業況判断指数(1月)19:00
予想 0.83 前回 0.79

ユーロ圏消費者信頼感・確報値(1月)19:00
予想 -4.9 前回 -4.9

ドイツ消費者物価指数・速報値(1月)22:00
予想 -0.6% 前回 0.7%(前月比)
予想 2.0% 前回 1.7%(前年比)

ドイツ調和消費者物価指数・速報値(1月)22:00
予想 -0.7% 前回 1.0%(前月比)
予想 2.0% 前回 1.7%(前年比)

【米国】
個人所得(12月)22:30
予想 0.4% 前回 0.0%

個人消費支出(12月)22:30
予想 0.5% 前回 0.2%

PCEデフレータ(12月)22:30
予想 1.8% 前回 1.4%(前年比)

PCEコアデフレータ(12月)22:30
予想 0.1% 前回 0.0%(前月比)
予想 1.7% 前回 1.6%(前年比)

中古住宅販売成約指数(12月)31日0:00
予想 1.5% 前回 -2.5%(前月比)

12:45 2年国債入札(2兆3000億円)
16:45 デベル豪中銀総裁補佐、講演

日銀金融政策決定会合(1日目)
中国市場は春節で休場(2日まで)

 

Comments are closed