1月20日(金曜) 今日の為替相場~トランプ大統領就任式が値動き要素!

第45代米大統領へ就任するドナルド・トランプ氏

 

【お知らせ】
1月22日より、ゼロからファンダメンタル投資(3.1版)をローンチカスタマー(事前販売)致します。前作より更なる改良をおこないました。FXで勝ち抜ける手助けをできると思います。詳しくは、また記事に致します。

参考チャート
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

トピックス
・上記で原油相場&長期金利&為替相場のチャート確認できるようにしました。
・2017年に入りました。新年に入った事で新たなマネーが流れ込みます。
・英国のEU単一市場からの撤退がリスク回避要因になりそうです。
・次回FOMCは2月1日です
・新興国(中国含む)から資金流出が続き、リスク要因になっています。
・1月20日にトランプ大統領の就任式です。
・春節(中国)は1/27~2/2まで7連休でレパトリに注意です

◎FX 見所&相場観

おはようございます、蝦夷守です。
トランプ大統領が就任します。就任自体は既に織り込み済みですが、演説でどのような発言をするのか?どのような米国を描くのかを聴くことが出来るでしょう。詳細は後日の一般教書演説になるでしょうが。少なくとも向こう4年の米国がどうなるか一端を知ることが出来ます。長期的な為替相場に甚大な影響を与えますから、すべての投資家は傾聴すべきでしょう。今日は中国・GDP、鉱工業生産が特に重要な経済指標となります。

相場観は、トランプ演説まであまり動きが無いでしょう。それまでは思惑的な値動きになりそうです。演説は昨晩のムニューチン次期財務長官の発言も含めて考えるべきです。公聴会の発言は事実上のマニュフェストですから、米国の方向性を知ることが出来ます。いよいよトランプ大統領が現実のものとなりました。就任式に欠席する議員も多く、不透明感からリスク回避がひろがる可能性もあります。良い事ばかりではありませんから、この辺には要注意です!

【中国】
実質GDP(第4四半期)11:00
予想 6.7% 前回 6.7%(前年比)

鉱工業生産(12月)11:00
予想 6.1% 前回 6.2%(前年比)
予想 6.0% 前回 6.0%(年初来・前年比)

小売売上高(12月)11:00
予想 10.7% 前回 10.8%(前年比)
予想 10.4% 前回 10.4%(年初来・前年比)

【ユーロ圏】
ドイツ生産者物価指数(12月)16:00
予想 0.4% 前回 0.3%(前月比)
予想 1.0% 前回 0.1%(前年比)

【英国】
小売売上高(12月)18:30
予想 -0.1% 前回 0.2%(前月比)
予想 7.2% 前回 5.9%(前年比)

【カナダ】
小売売上高(11月)22:30
予想 0.5% 前回 1.1%(前月比)
予想 0.1% 前回 1.4%(自動車除く・前月比)

消費者物価指数(12月)22:30
予想 0.0% 前回 -0.4%(前月比)
予想 1.7% 前回 1.2%(前年比)

8:50 日銀議事録(06年7月-12月分)
10:00 イエレンFRB議長、講演
12:40 中曽日銀副総裁、講演
23:00 ハーカー・フィラデルフィア連銀総裁、講演
21日
3:00 ウィリアムズ・サンフランシスコ連銀総裁、講演

トランプ氏、第45代米大統領に就任
世界経済フォーラム年次総会(ダボス、20日まで)