1月17日(火曜) 今日の為替相場~メイ首相の演説に大注目!

メイ英首相は今夜演説を行います。EU離脱についてどのような発言をするか?相場に影響を与えるでしょう。ポンドが更に売られる可能性があります。

参考チャート
米2年国債・利回り
米10年国債・利回り
日10年国債・利回り
原油価格(WTI)チャート
為替チャート

トピックス
・上記で原油相場&長期金利&為替相場のチャート確認できるようにしました。
・2017年に入りました。新年に入った事で新たなマネーが流れ込みます。
・英国のEU単一市場からの撤退がリスク回避要因になりそうです。
・次回FOMCは2月1日です
・新興国(中国含む)から資金流出が続き、リスク要因になっています。
・1月20日にトランプ大統領の就任式です。11日に会見があります。
・春節(中国)は1/27~2/2まで7連休でレパトリに注意です

◎FX 見所&相場観

おはようございます、蝦夷守です。
材料が多くありますが、最も注目されるのはテリーザ・メイ英首相の演説になるでしょう。EU離脱に付き強硬論を示すリスクが指摘されています。EUとの単一アクセスを早期に失う観測が立てば、ポンド売りは加速するでしょう。移民抑制を強める発言、交渉のスケジュールを明らかにするような内容もリスク回避に傾きそうです。経済指標は英・消費者物価指数(CPI)、独・ZEW景況感、米・NY連銀製造業景況指数辺りが重要です。ダボス会議が行われますが、そこからの発言が相場を揺らす可能性もあるでしょう。

相場観は、重石が乗った状態が続きます。少なくともメイ首相演説(時刻不明)が行われるまではそのようになるでしょう。もしEU単一市場からの撤退を示唆しなければ、むしろポンドは急騰します。この辺は鬼が出るか蛇が出るか?ですから確認が必要です。また今日は景況指数が複数出る事から、瞬発的な値動きがあるかも知れません。

【日本】
鉱工業生産・確報値(11月)13:30
予想 N/A 前回 1.5%(前月比)
予想 N/A 前回 4.6%(前年比)

設備稼働率(11月)13:30
予想 N/A 前回 1.4%(前月比)

【英国】
消費者物価指数(12月)18:30
予想 0.3% 前回 0.2%(前月比)
予想 1.4% 前回 1.2%(前年比)
予想 1.4% 前回 1.4%(コア・前年比)

生産者物価指数(12月)18:30
予想 2.4% 前回 -1.1%(仕入・前月比)
予想 15.5% 前回 12.9%(仕入・前年比)
予想 0.4% 前回 0.0%(出荷・前月比)
予想 2.9% 前回 2.3%(出荷・前年比)
予想 2.2% 前回 2.2%(出荷コア・前年比)

小売物価指数(12月)18:30
予想 0.4% 前回 0.3%(前月比)
予想 2.3% 前回 2.2%(前年比)
予想 2.5% 前回 2.5%(除くモーゲージ利払い・前年比)

【ユーロ圏】
ドイツZEW景況感指数(1月)19:00
予想 18.4 前回 13.8

【米国】
NY連銀製造業景況指数(1月)22:30
予想 8.5 前回 9.0

12:45 20年国債入札(1兆1000億円)
22:45 ダドリーNY連銀総裁、講演

メイ英首相、演説
世界経済フォーラム年次総会(ダボス、20日まで)

米主要企業決算
モルガンスタンレー