彼女が「超ハト派」だと再認識させられました!

%e3%83%96%e3%83%ac%e3%82%a4%e3%83%8a%e3%83%bc%e3%83%89frb%e7%90%86%e4%ba%8b001

ブレイナードFRB理事

▷ブレイナード米連邦準備理事会(FRB)理事の発言要旨

「緩和解除で慎重さ維持を」
「予防的な引き締めシナリオに説得力がない」
「目標に達していないインフレを一段と懸念」
「日本は大きな課題を抱え、欧州は景気が減速」
「政策は下振れリスクに備える方向に傾斜すべきだ」
「原油とドルの安定はインフレを押し上げるはずだ」
「賃金インフレは非常に抑えられている」
「データはさらなる労働市場のたるみがある可能性を示唆」

ブレイナードFRB理事の講演内容が伝わってきました。しかし、大変なハト派ですね!他の総裁とは、少し次元が違うと感じました。何もかにもがネガティブに見える性格なのかも知れません。ともかく、利上げには真っ向から反対する姿勢がよく分かります。元々超ハト派として知られていましたから、為替相場に大きな影響はありませんでした。とはいえ、少しくらい利上げへの姿勢が滲むかもしれない期待というのがマーケットサイドにはあったと思います(少なくとも私にはありました)。

ですが、結果は利上げの滅多切りでした…