8月23日(火曜) 本日の相場見通し~材料化したフィッシャーFRB副総裁の利上げ発言

 

 4月16日、フィッシャー米連邦準備理事会(FRB)副議長は、最近のドル高について「そう遠くない将来に」終わるとの見方を示した。ニューヨークで3月撮影(2015年 ロイター/Brendan McDermid)

スタンレー・フィッシャーFRB副総裁。FRBのハト派代表格の人物でもあります。彼が利上げを正当化すると発言したことは意味を持ちます。しかし、今回の発言だけで何かを決めつけるのはリスクがあります。

◎FX 相場観&見どころ

ユーロ圏を中心にファンダメンタル情報が出てきます。独・製造業PMI、ユーロ圏・製造業PMI、ユーロ圏・消費者信頼感(速報値)と発表され特に消費者信頼感が注目されます。米国では新築住宅販売件数、2年債入札がありファンダメンタルを確認できます。昨日はフィッシャーFRB副総裁の発言(先週末に行った発言)などが注目されましたが、引き続き米国の利上げ思惑が相場に居座るでしょう。

◎ファンダメンタル動向

週末のスタンレー・フィッシャーFRB副総裁発言に限らず、「年1~2回程度の利上げの可能性」という発言は、最近頻繁に聞こえてきます。重要なのはこの真偽に、どれだけ早く結論を出せるかです。利上げが確実化するのに、早く気づけばFXでより大きな利幅を確保できます。現時点で、利上げを行うのはほぼ確実で、問題は時期にあります。ドルのトレンドは既に決まっている訳で、裏付けをとれれば大きな利益に直結します。現在、ファンダメンタルの変化が重要になっている時期にあります

【スイス】
貿易収支(7月)15:00
予想 N/A 前回 35.5億スイスフラン

【ユーロ圏】
ドイツ製造業PMI・速報値(8月)16:30
予想 53.6 前回 53.8

ドイツ非製造業PMI・速報値(8月)16:30
予想 54.3 前回 54.4

ユーロ圏製造業PMI・速報値(8月)17:00
予想 52.0 前回 52.0

ユーロ圏非製造業PMI・速報値(8月)17:00
予想 52.8 前回 52.9

ユーロ圏消費者信頼感・速報値(8月)23:00
予想 -7.7 前回 -7.9

【トルコ】
トルコ中銀政策金利 20:00
予想 7.50% 現行 7.50%

【米国】
新築住宅販売件数(7月)23:00
予想 580千件 前回 592千件

12:00 白井前日銀審議委員、記者会見
12:45 20年国債入札(1兆1000億円)
13:00 黒田日銀総裁、あいさつ
24日2:00 
米2年債入札(260億ドル)

米主要企業決算
ベストバイ