7月7日(木曜) 本日の相場見通し~イタリア国債により不安定感

7月7日(木曜) 本日の相場見通し~イタリア国債により不安定感

6月20日、イタリアはスペインより強い経済ファンダメンタルズを備えているが、スペインにつられて国債利回りが一段と上昇すれば、ユーロ圏債務危機の中心に引きずり込まれる恐れがある。写真は昨年11月ローマにて(2012年 ロイタ―/Tony Gentile)

数年前に見られたイタリア・スペインのソブリン危機が再燃しつつあります。欧州のファンダメンタルは下方修正されつつあるようです。

◎FX 相場観&見どころ

今週に入り、乱高下を繰り返しています。リスク許容度の上下動にともなったものです。悪いニュースが来ると一斉に売りはじめ、落ち着くと一斉に買い始める相場。リスクが主導する時に見られるパターンですね。ユーロ危機の時なども見られました。この傾向はしばらく続くでしょう。今日は、ADP雇用者数が重視されます。明日の雇用統計を睨んだ相場になっていくでしょう。加えてイタリアの国債不安などが材料になりそうです。イタリアの長期金利が高騰すれば、ユーロが売られそうです(下記リンクよりチャート掲載)。

相場観は、リスクに対する怯えのようなものを常に抱えた状態にあります。改善しつつあると思った相場が突如崩れるという現象に備える必要があります。ドルも下向きですから、ユーロ/ドルなどは弱さを競っている感じになっています。ドルはADP雇用者数で、かなり乱高下するかもしれません

【参考】イタリア10年債利回り(長期金利)

◎ファンダメンタル動向

本日は割愛させていただきます。

【日本】
景気先行指数・速報値(5月)14:00
予想 100.0 前回 100.0

景気一致指数・速報値(5月)14:00
予想 110.3 前回 112.0

【ユーロ圏】
ドイツ鉱工業生産(5月)15:00
予想 0.1% 前回 0.8%(前月比)
予想 1.5% 前回 1.2%(前年比)

【スイス】
消費者物価指数(6月)16:15
予想 0.1% 前回 0.1%(前月比)
予想 -0.5% 前回 -0.4%(前年比)

【英国】
ハリファックス住宅価格(6月)16:30
予想 0.3% 前回 0.6%(前月比)

鉱工業生産(5月)17:30
予想 -1.0% 前回 2.0%(前月比)
予想 0.5% 前回 1.6%(前年比)

製造業生産高(5月)17:30
予想 -1.2% 前回 2.3%(前月比)
予想 0.4% 前回 0.8%(前年比)

【米国】
ADP雇用者数(6月)21:15
予想 160千人 前回 173千人

新規失業保険申請件数(2日までの週)21:30
予想 267千件 前回 268千件

【カナダ】
Ivey購買部協会指数(6月)23:00
予想 51.2 前回 49.4

 

8:50 対外及び対内証券売買契約等の状況
9:30 日銀地域経済報告
9:30 黒田日銀総裁、あいさつ
16:30 ユーログループ議長、議会証言
20:30 米チャレンジャー人員削減数(6月)
20:30 ECB議事録
8日

0:00 米週間原油在庫統計

Comments are closed